読書感想文「ポイズンドーター・ホーリーマザー(湊かなえ)」

湊かなえの小説を一度は読んだことがあるならわかってもらえると思うのだが、ある意味期待通りに期待を裏切ってくれるストーリーばかりである。テンポの良い短編小説が連続しているので、一晩で一気に読み切ってしまった。湊かなえの短編を読むのが初めてだったので、もっと読みたいのにもう終わりか、と物足りなさを感じてしまった。

 

それぞれの話をもっと深く読みたいと思うほど、引き込まれる話たちであった。その中で、タイトルにもなっている、母親と娘を書いた「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」は、2本立てのため読み応えがあった。ポイズンドーターとホーリーマザーの順になっているのが、素晴らしいと感じた。ポイズンドーターを読んでいる時は、娘の視点で過去を振り返る。

 

 

 

娘と一緒に「毒親」の姿を見ることで、親に対するうっとおしさを追体験した。自分も親にあんなことを言われたな、こんなことを言われたなと思い返し、子供にとって親の影響とは大きいとしみじみ感じた。自分は子供に好きなことをさせてあげたい、子供の意思を尊重してあげたいとすら思った。

 

物語の最後は、短編ということもあってかあっさりと終わったな、という感じであったが、続けて「ホーリーマザー」を読むと、視点が反転する。種明かしのように、母親の真意が語られ、さっきまで「悪」だと思っていた「毒親」に対する考えが変わった。母は娘を愛し、必死で守ろうとしていた。自分のような思いをしてほしくない、辛い目にあって欲しくない。

 

だからこそ毒親と言われるような行動をとっていた。自分が「母親」だったとしたら?と思うと、きっと同じ行動を取ってしまうと思った。子供を守りたいがためにきつく叱ることもするだろう。親として、当然のことだとすら思う。娘と母親、両方の視点から物語を読んで、どちらにも共感できる部分があった。

 

だからこそ、親とはどうあるべきなのか?小説を読んで数日経つが、いまだにぼんやりと考えている。後味が悪い、というよりは心に残る、考えさせられる作品であった。

 

(20代女性)

 

 

 

 

ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)
湊 かなえ
光文社 (2018-08-08)
売り上げランキング: 413

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

湊かなえ作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする