感想ライブラリー

読書感想文「ビタミンF(重松清)」

心が癒される、その一言につきる本だ。とりとめのない日常、どこにでもあるごくありふれた家庭、すこしばかり問題を抱えているが、決して珍しくはない家庭の父親が描かれているだけの短編小説の集まりなのに、なぜこんなに癒されるのか。 […]

続きを読む

読書感想文「トラップ・ハウス(石持浅海)」

この本を読み進めていく程に、人の持つ心の闇の部分に潜む怖さを強く感じた。元々私には人間恐怖症の傾向があるので、人の視線に過敏に反応しやすくて表面上の人の繋がりだけになってしまう事が多い。   それでも、この物語 […]

続きを読む

読書感想文「私の頭の中の消しゴム(木村元子)」

最初は、コンビニで男女が出会う所からスタートするのですが、女性はまだ若いOLのようだったのに、若年性アルツハイマーの病気になってしまうので、とても可愛そうな女性だと思います。見知らぬ男女だったのですが、徐々にその距離が狭 […]

続きを読む

読書感想文「女性の品格(坂東眞理子)」

女性の品格というものはいつの時代、誰であろうと求められるものである。しかし、現在は昔に比べると女性は品格がないものが多くなっているように言われている。それは時代の変化もそうだと思うし、環境などもその要因ではないかとわたし […]

続きを読む

読書感想文「銀河鉄道の夜(宮澤賢治)」

私がこの作品の好きな部分はこの作品の魅力でもあるファンタジー的要素である。母に育てられ暗い生活であった主人公のジョバンニが親友のカンパネルラと夢の中で夜空を旅していくところが何とも幻想的で大好きである。この作品をモチーフ […]

続きを読む

読書感想文「蜜柑(芥川龍之介)」

汽車の外、3人の子供が叫ぶ暮色の空に、窓から飛び出した蜜柑の色が輝く。それはまるで太陽のようであった。霜焼けした手に三等切符を握り締めた少女はしっかりと風呂敷を抱えて座っていた。これは芥川龍之介の短編、蜜柑のワンシーンで […]

続きを読む

読書感想文「秘密の花園(フランシス・ホジソン・バーネッ[…]

私は子供が主人公の本を読むのが好きだ。昔から興味があったのはお金持ちのお嬢様が主人公の話だが、その中でも特に風変りな作品がある。それはフランシス・ホジソン・バーネットの「秘密の花園」だ。私が抱いていたお金持ちのお嬢様は幼 […]

続きを読む

読書感想文「砂漠の女ディリー(ワリス・ディリー)」

人は自分の思い通りに生きていたいと思う。でも、なかなかそうはいかない。諦めや妥協をしながら生きていく。決められた道を生きるのではなく、自分自身の人生を生きるために進む女性の話である。   主人公のワリスはアフリ […]

続きを読む

読書感想文「父からの手紙(小杉健治)」

父親がいない麻美子と刑期を終えて出所したばかりの圭一。二人の話が交互に繰り返されて行きます。この話はどこで交わるのか・どう繋がっているのか・どういう関係なのかなどが、気になって気になって、どっぷりはまっていくような感じが […]

続きを読む

読書感想文「勉強がしたくてたまらなくなる本(廣政愁一)[…]

東進スクールで有名講師であった廣政愁一先生の実経験から生み出された勉強したくなる方法が書かれている。図書館で何気なく、本を眺めていると【勉強したくてたまらなくなる本】とどんな本かと想像を膨らませる前に脳に届いたこの言葉。 […]

続きを読む