感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「指の骨(高橋弘希)」

太平洋戦争中、南方の架空の島の野戦病院に収容された一等兵の主人公と戦友たちの様子を戦争体験のない作者が資料を元に書いたものだ。想像で書いたとは思えないほどのリアリティに圧倒され、引き込まれて一気に読んだ。亡くなった兵士の […]

続きを読む

読書感想文「蜜柑(芥川龍之介)」

汽車の外、3人の子供が叫ぶ暮色の空に、窓から飛び出した蜜柑の色が輝く。それはまるで太陽のようであった。霜焼けした手に三等切符を握り締めた少女はしっかりと風呂敷を抱えて座っていた。これは芥川龍之介の短編、蜜柑のワンシーンで […]

続きを読む

読書感想文「長い長い殺人(宮部みゆき)」

長い長い殺人を読んでまず最初に興味を惹かれたのは、登場人物たちの財布が語り部となっていることである。10人の主要登場人物の財布は、自分の主人に起きている出来事を部分的に把握している。部分的に、というのは、財布がどこかに仕 […]

続きを読む

読書感想文「家族ゲーム(本間洋平)」

本間洋平著「家族ゲーム」を読んだ。この小説は映画化、ドラマ化もされているが、私がこの話を最初に知ったのは1983年に放送された長淵剛主演のドラマである。型破りな家庭教師が、どうしようもない中学生を遠慮なく殴って取っ組み合 […]

続きを読む

読書感想文「田村はまだか(朝倉かすみ)」

「選書サービス」というのに興味を持ち、ネットで検索した時に出てきたひとつが、この本だ。小学校のクラス会の三次会のバーに一人遅れてくる、田村、という男の子を、同級生たちが昔を振り返りながら、ただひたすら待つお話。学生時代に […]

続きを読む

読書感想文「恐怖箱 青森乃怪(高田公太)」

もともと怪談に興味があった私は動画などで済ませていたのだが、ある時怪談ライブにいった打ち上げの際、そこで知り合った方から小説を薦められた。しかし飽き性かつ途中でやめられない性格の私にはとてもじゃないが、一冊読むのはなかな […]

続きを読む

読書感想文「果つる底なき(池井戸潤)」

本格ミステリー作品で謎がどう解けて行くのか気になり、どんどんと読み進められる作品であった。親友がアレルギー性ショックで死んだ事から始まり、そこに絡み合う人々の思いが、どことなく終始重たい雰囲気を作っている。が、主人公が親 […]

続きを読む

読書感想文「夜の庭師(ジョナサン・オージエ)」

きれいだけれど少し暗めの装丁にひかれて読み始めた。主人公である少女とその弟を中心に話が進んでいくのだけれど、最初は本のタイトルである「庭師」が出てこなかったので、どんな内容の話になるのか想像がつかずにワクワクしながら読ん […]

続きを読む

読書感想文「Tengu(柴田哲孝)」

柴田哲孝によるUMA(未確認生物)をテーマにした小説である。彼のUMAを題材にしたものは1991年に「KAPPA」が発表されており、本作はそれに続くもので、第9回大藪春彦賞を受賞している。また、このあと、「DANCER」 […]

続きを読む

読書感想文「父からの手紙(小杉健治)」

父親がいない麻美子と刑期を終えて出所したばかりの圭一。二人の話が交互に繰り返されて行きます。この話はどこで交わるのか・どう繋がっているのか・どういう関係なのかなどが、気になって気になって、どっぷりはまっていくような感じが […]

続きを読む

読書感想文「七つの会議(池井戸潤)」

この7つの会議を読んでみて小説は短編集といった形になっており最終的にそれぞれの短編集の中での話が最後に繋がっていくという内容である。今回の小説では中堅企業である会社を舞台として登場人物である八角と同じ部署で働く上司の坂戸 […]

続きを読む

読書感想文「そして、バトンは渡された(瀬尾まいこ)」

この本を読み終えて強く感じたことは、家族とは、親子とは、血縁とは、はもちろんだがとにかく登場人物の素敵な大人たちだ。年齢を重ねているだけではなく、子供へ明るく深く愛情を注げるステキな大人たち。子供と一緒の時間を楽しむ、大 […]

続きを読む

読書感想文「黄泉がえり(梶尾真治)」

この小説は熊本市を中心に昔死んだ者が生き返ったことから始まる。生き返った者は生前の姿で親族又は知り合いの前に現れる。死んだ者が生き返るということで前代未聞の大騒ぎが行政や会社等の社会で起きるが、社会はこの珍事に適応し、こ […]

続きを読む

読書感想文「芋虫(江戸川乱歩)」

この作品を読むきっかけとなったのは、2010年公開の「キャタピラー」を見る機会がこのGW期間中にあったので、映画を見る前に読んでしまおうと思い、本作が短編小説のためすぐに手に取りやすく、読み進めたのが始まりである。 &n […]

続きを読む

読書感想文「私の頭の中の消しゴム(木村元子)」

最初は、コンビニで男女が出会う所からスタートするのですが、女性はまだ若いOLのようだったのに、若年性アルツハイマーの病気になってしまうので、とても可愛そうな女性だと思います。見知らぬ男女だったのですが、徐々にその距離が狭 […]

続きを読む

読書感想文「いじわるふきちゃん(さとうさくら)」

読んだ感想を一言にまとめると「ふきちゃんは全然いじわるじゃないじゃん」である。確かに失声症のふりをして周囲の人の本音を聞きだし、こっそり楽しむふきちゃんは趣味がいいとは言えない。自分の娯楽のためだけに周囲の人々を利用して […]

続きを読む

読書感想文「母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ)[…]

著者歌川たいじの自伝的小説。母親に虐待されても、ばあちゃんや友人たちによって自我を確立し、母親と向き合い、親子としての関係を修復していく話。主人公の自宅で両親が工場を営んでいて、そこに勤めに来ているばあちゃんが、主人公を […]

続きを読む

読書感想文「気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念[…]

「気にしない練習」を読んで思えたことは、日々私達が生きて行く中で避けては通れない道である、「不安」「怒り」「煩悩」を放念するヒントとして、様々なことが記載されています。私が読んで納得した部分について、順に記載させて頂きた […]

続きを読む

読書感想文「テッド・バンディ―「アメリカの模範青年」の[…]

サイコパスもののサスペンスが日本でもはやりだした昨今、アニメ等でもよく「サイコパス」という単語はまま耳にするようになった。本書の表題にあるテッド・バンディこそもっとも有名なアメリカが生んだ史上最悪クラスのサイコパスのひと […]

続きを読む

読書感想文「宝石商リチャード氏の謎鑑定(辻村七子)」

初めは、よくある謎解き推理小説なのかと手にとった。けれど読み進めると、実際は推理よりも宝石についての知識が深くなるような内容だと感心した。ピンクサファイアの中でも、蓮の花の色のようなオレンジがかったものをパパラチアサファ […]

続きを読む