感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「平成くん、さようなら(古市憲寿)」

安楽死を決めた青年、平成くんの物語で、恋人の愛ちゃんの視点から描かれている。サクサク読み進めることができてしまうが、なんだか希薄さを感じた。安楽死をこんなに軽いイメージで描いてよいのか疑問である。また、安楽死の理由は、最 […]

続きを読む

読書感想文「口笛の上手な白雪姫(小川洋子)」

文芸雑誌に掲載された8つの短編が収められている。どの話もそれほど時間をかけず読めたが、読み終えると完璧にできたある一つの世界から帰ってきたと言う感覚に陥った。どの作品も日常の何気ない出来事を取り上げているけれど、主人公の […]

続きを読む

読書感想文「82年生まれ、キム・ジヨン(チョ・ナムジュ[…]

韓国で2016年に発表され、女性の共感を呼んで大ヒットとなった作品の日本語訳版を読んだ。主人公キム・ジヨンというごく普通の女性のこれまでの人生の中で、彼女が感じ体感した女性ということの不公平感や差別が淡々と綴られている。 […]

続きを読む

読書感想文「金閣寺(三島由紀夫)」

この小説には吃音と内飜足というコンプレックスをそれぞれ抱えた二人の青年が登場する。「青春時代が夢なんて後からほのぼの思うもの。青春時代の真ん中は胸に棘刺すことばかり」という歌の歌詞があるようによほど家庭や容姿に恵まれない […]

続きを読む

読書感想文「物語のおわり(湊かなえ)」

湊かなえさんの作品は読んだ後にまるで心臓を直接つかまれるかのような読後感を味わうものが多いけれど、この作品に関しては読んだ後の感じ方がほかの作品とはちょっと異なっていた。まずもって、主人公がまるでリレー形式の様な感じで物 […]

続きを読む

読書感想文「ご主人様と呼ばせてください(サタミシュウ)[…]

本作は、サタミシュウ先生の、SM青春小説の第二弾だ。前作「私の奴隷になりなさい」と繋がっているが、単体でも楽しめる。そして私は、前作「私の〜」よりも、こちらのほうが好きだと思った。その理由は、主人公格の一人「私=瀬尾」が […]

続きを読む

読書感想文「ニシノユキヒコの恋と冒険(川上弘美)」

第1章目で主人公と思しき「ニシノさん」はどうやら死んでいて、幽霊になって女性に会いに来るという話だったので、ファンタジー作品かと思った。しかし読み進めるうちに違うことが分かった。これは西野幸彦という一人の男の生涯を、時系 […]

続きを読む

読書感想文「十角館の殺人(綾辻行人)」

叙述トリック作品であると聞いてはいたものの、いわゆるどんでん返しにあたる一文を読んで本当に驚愕した。登場人物は日本人ばかりだが、お互いを海外の有名なミステリ作家の名前で呼び合っており、はじめのうちはなかなか名前を覚えられ […]

続きを読む

読書感想文「湘南人肉医(大石圭)」

一言、カニバリズム嗜好のわたしには最高の作品である。とにかく主人公の残忍な殺害描写と人肉描写が鮮烈で異彩を放っている。美容整形の外科医をしている主人公の小鳥田は数多くの女性達を美しく変身させる凄腕の持ち主だ。しかし見た目 […]

続きを読む

読書感想文「革命前夜(須賀しのぶ)」

この本を読むまで、私は「革命」という言葉の本当の強さ・重さを理解していなかったように思う。ベルリンの壁の崩壊は私の中では歴史上の出来事のひとつであり、紛れもなく「過去」のものだったが、壁のあった時代の社会の窮屈さや澱んだ […]

続きを読む

読書感想文「蠅の王(ウィリアム・ゴールディング)」

イギリスの少年たちが無人島に不時着し、サバイバル生活を送る中で、人間の狂気に触れていく物語。そんなあらすじと、希望溢れる名作「十五少年漂流記」の殺伐版として親しまれているという定評を聞いて読んでみた。   元々 […]

続きを読む

読書感想文「猫鳴り(沼田まほかる)」

モンと名付けられた一匹の猫の生涯と、猫を取り巻く周囲の人々の心情や出来事をそれぞれの視点から描いた物語。流産した夫婦が子猫を飼うことになるシーンから始まるのだが、私自身も何度追い払っても家に入ろうとする猫を根負けして飼っ […]

続きを読む

読書感想文「熱帯(森見登美彦)」

森見登美彦の本は「夜行」くらいしか読んだことがない。「夜行」は世界観はものすごく好きだが、あらすじや結末は好みではない、という何とも微妙な印象で終わった小説だった。それ以来この著者の本は敬遠していたのだが、雑誌に紹介され […]

続きを読む

読書感想文「十二人の死にたい子どもたち(冲方丁)」

登場人物の十二人にそれぞれ、役割や見せ場を作ろうとするあまり、上手く登場人物を動かし切れていない場面が多々見られたのが残念に思った。また、男6人女6人の1対1の比率で書かれて居るが、男性よりも女性の方が感情的で頭が悪い人 […]

続きを読む

読書感想文「殺人鬼(綾辻行人)」

何か怖いホラーが読みたいと思いネットを検索してこの本の存在を知った。事前の情報ではかなりグロいスプラッターホラーとのことだったが、綾辻さんてグロいの書くんだというのが最初の感想だった。読んでみると確かにグロかった。作品の […]

続きを読む

読書感想文「スマホを落としただけなのに(志駕晃)」

映画が話題となっていたので、気になり読んでみたことがきっかけだ。映画は観ていないので、どういう物語なのかは本の背表紙に書かれているあらすじしか知らなかった。読んでみて、SNSに対する認識を改めなければいけないなと考えさせ […]

続きを読む

読書感想文「まつらひ(村山由佳)」

子どもの頃から、祭というものは身近にあって、当たり前のように毎年恒例のイベントとして参加してきた。だが、一度その土地を離れてみると、地域の文化が色濃く反映される「祭」が、その土地のその季節でしか生まれ得ないものだったとい […]

続きを読む

読書感想文「ジャン・クリストフ(ロマン・ロラン)」

この小説はベートーベンをモデルにしていると言われているが、ロマンロランはそう思ってほしくないと語っている。ロマンロランはノーベル賞受賞作家でもある。岩波文庫全4巻あるが、どれも500ページを超えていて、しかも表現が難しく […]

続きを読む

読書感想文「ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)」

名画が関わっている推理小説で、最初に読んだのがこの『ダ・ヴィンチ・コード』だ。しかし、本書で取り上げられているダ・ヴィンチの絵は、いわゆる観賞用の作品とは言いがたいようだ。文庫本に綴じ込まれている作品の写真を見て、最初に […]

続きを読む

読書感想文「沈黙のWebライティング —Webマーケッ[…]

最近、この本(沈黙のWEB ライティング)をインターネットのお薦め書籍から見つけ読んでみた。読もうと思ったきっかけは、ライティングスキル向上のためである。当初、本が届いたとき、本の分厚さに驚愕した。とにかく分厚い!ページ […]

続きを読む