感想ライブラリー

読書感想文「地球から来た男(星新一)」

帰省のための新幹線の中で読むために購入したものだ。いくつかのショートストーリーで構成されているのでとても読みやすい。表題の「地球から来た男」は産業スパイとしてとある研究所に潜入した主人公の話だった。主人公は大金が入ること […]

続きを読む

読書感想文「イン ザ・ミソスープ(村上龍)」

現代の歌舞伎町を舞台にした物語なのだが、おとぎ話のような、どこか遠い世界の話をしているような錯覚に陥った物語だった。話は歌舞伎町でいかがわしい仕事をしている日本人シンジと、知れば知るほど様子がおかしい外国人フランクが出会 […]

続きを読む

読書感想文「アンダーグラウンド・マーケット(藤井太洋)[…]

今話題の仮想通貨の社会を描いたSF作品です。2015年に世に出た作品ですが、まさに今の2018年が舞台になっています。公平の名の元に引き上げられた税金は日本を階級社会に分断してしまいます。正社員になれてまっとうな人生を生 […]

続きを読む

読書感想文「サマーウォーズ(岩井恭平)」

本書を一読した限りでは、情報を整理し、ストーリーを追い、キャラクターを把握するだけで精いっぱいというのが本音だった。だから、何度も何度も読み返した。頭の中に「絵」を思い浮かべても、それは当然、読者である私の頭の中にある勝 […]

続きを読む

読書感想文「どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)」

この作品は最後まで、犯人が誰なのかハッキリとわからない作品である。具体的にいうと主人公の妹を殺した犯人は、妹の友達か、その友達の彼氏のどちらかである。最後まで、どちらなのか分からない結末で終わってしまったので、とてももど […]

続きを読む

読書感想文「フォルトゥナの瞳(百田尚樹)」

本作品の主人公は『人の死』が目に見える、いわゆる『フォルトゥナの瞳』のような能力をある日突然持った。死に近づいた人が薄っすらと透き通って見え、最終的にはほぼ透明に見えてしまう能力だ。死の種類には病死の他に事故死も存在する […]

続きを読む

読書感想文「つめたいよるに(江國香織)」

「デューク」が死んだとき、私の愛犬も死んでしまったのかと思った。このつめたいよるにという本は、21の短編からなる小説だ。その幕開けとなる物語が「デューク」という、愛犬を亡くした女性の物語だった。   出だしから […]

続きを読む

読書感想文「DIVE!!(森絵都)」

高所恐怖症。私もおそらくその部類の人間に入る。ましてカナヅチな私がプールに飛び込めと言われたら…。   いちばんのお気に入りの小説、DIVE!!は、飛び込み競技に青春を懸ける少年達の物語だ。ダイビングクラブ存続 […]

続きを読む

読書感想文「この子を残して(永井隆)」

私が長崎に行ったのは高校生のときの修学旅行で行ったのが初めてである。長崎も原爆の被爆地であるので平和学習を兼ねての修学旅行である。被爆をして自らの人体を研究に使われた永井隆医師の自宅も見学に行った。その時から永井隆医師と […]

続きを読む

読書感想文「笑うハーレキン(道尾秀介)」

人間の弱み、そして目標、はたまた夢を持ち続けられる人間の強さを再確認した一冊となった。   ハーレキンとは道化師のことだ。この作品を読んだとき、人は誰しも仮面を被って生きているのだな。と改めて確認した。被ってな […]

続きを読む