感想ライブラリー

読書感想文「竜馬がゆく(司馬遼太郎)」

坂本竜馬の生涯を描いた有名な歴史小説であるが、全八巻というその壮大さから読書好きの私も今まで手に取らずに来ていた。ハードな仕事で体調を壊してしまい休職することになり、挑戦することにした。そのような境遇で読み進めていくと、 […]

続きを読む

読書感想文「ザ・シークレット(ロンダ・バーン)」

人生うまくいかないことばかりだと私は思っていた。幼稚園の頃の記憶はないが、小学校ではいじめなどがあり、中学校でも悪口やハブられるなど人間関係がうまくいかなかった。でもそれなりに楽しく自分なりに生きてきた。高校に入り、友達 […]

続きを読む

読書感想文「朝が来る(辻村深月)」

もし、あなたに子どもができなかったら?もし、中学生なのに子どもができてしまったら?もし、我が子として育てている子どもの実の親が子どもを返してほしいと申し出てきたら?どの立場も人によっては身近に感じるかもしれないし、全く身 […]

続きを読む

読書感想文「貧しい国で女の子として生きるということ―開[…]

  女性として生きるということを改めて考えさせられる一冊。初めに、明るいピンクの服を着た黒人の女の子たちの笑顔の写真が目に入った。可愛らしい、明るい印象を感じ、この本を手に取った。   しかしその内容 […]

続きを読む

読書感想文「ハケンアニメ(辻村深月)」

この本の面白さは一般にあまり知られていないアニメ業界の内情を赤裸々に小説化している所だ。1つの作品にどれだけの人と時間を割いているかという事を知った時、大変な仕事だと心から思えた。そして、女性プロデューサー、女性監督、女 […]

続きを読む

読書感想文「きりこについて(西加奈子)」

西加奈子の小説を読み終わったあと、いつも思うことがある。人間っていいなあ、ということである。もう一つは、いつまでたっても物語の登場人物が(特に主人公であるのだが)心に住み着いてしまうということである。それくらい、人間の無 […]

続きを読む

読書感想文「一握の砂(石川啄木)」

十代のころに学校の授業だったか、予備校の授業だったかで初めて石川啄木の作品に触れた。まだ、十代だった私は内容の意味を理解することがほとんどできなかった。しかし、改めて読んでみると深いの一言につきる。まだ20歳そこそこの若 […]

続きを読む

読書感想文「コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)」

私はいつもどんな本を買うか決めて本屋に行くわけではない。暇な時にふらっと立ち寄り、気になった本を手に取りパラパラとだいたいの内容を読み、購入するかどうかを決める。だが、この本はタイトルと表紙の雰囲気、それから帯に大きく「 […]

続きを読む

読書感想文「報われない人間は永遠に報われない(李龍徳)[…]

タイトルに強く惹かれて私はこの本を手に取った。自分自身今まで何をしても報われず、どこまでいっても自分は不幸なままなのでは、と疑っていたからだ。しかし実際に読んでみて感じたことは、報われないという人間は、報われるべき努力や […]

続きを読む

読書感想文「下町ロケット ゴースト(池井戸潤)」

『下町ロケット ゴースト』は、10月スタートのドラマ「下町ロケット」の前半の原作本である。この作品は、次の『下町ロケット ヤタガラス』の導入という色彩が強いと感じる。なぜなら、読後に池井戸潤作品らしい爽快感が得られないか […]

続きを読む