読書感想文「リバース(湊かなえ)」

テレビドラマの評判が良かったのだが、リアルタイムで見れなかったので、原作本を読むことにした。内容や設定がドラマと原作では違っているようだが、原作での感想を述べたい。まず、私自信この作者の著書を読んだことが無くこの本が初めてだったが、いろんな著書が映画化されているとの事で、著者は知らずとも作品は知っていると言う状態であった。

 

告白も映画の宣伝が”生徒に娘は殺された”という、ちょっとショッキングなフレーズで気になっていたが、このリバースは目立たない主人公の深瀬が、大学時代の友人である広沢の事故死により、いろいろ調べていくうちに”殺した原因を作ったのは自分ではないか?”と考える物語だが、最後の一文にもある通り”広沢を殺したのは僕だったのか”で締めくくられている。

 

 

 

しかし本当にそばの花から取ったはちみつで、そばアレルギーだった広沢が発作を起こしたのかどうかは書かれていない。そのため、終わり方が妙にモヤモヤしてもどかしく感じた。(このようにモヤモヤした終わり方は、著者が嫌ミスの女王と呼ばれている所以らしいですが、確かに胸のつっかえが後々残る)因みにテレビでは事故死の理由については明らかになっているようだが。

 

なお、特に感情移入した部分としては、深瀬が大学の友だち4人と仲が良かったとの事で、各人の性格などが描かれているが、私は広沢タイプだなと感じた。中学や高校時代から常に一匹狼タイプで、いじめなど間違ったことや、人になびいたりつるんだりすることが嫌いで、自分の考えで行動することをモットーとしていた。

 

こう書くといかにもいい人に見えるが、実は逆である。広沢同様に何を考えているのか読めないらしく、自分の考えを表に出さないので接し方が分からないと言われたこともある。文中に当時付き合っていた美穂子に”海外に行きたい”という話をするが、なぜそのような気になったのか?

 

私は同じような事を考えたことがありますが、もっと自由にいろんな経験がしたいと思ったのではないか?と考えている。故に美穂子に”私はあなたにとって何?”と思われてしまうが、そういう部分では似ている感じがし他人事とは思えなかった。そのような意味で、どんどん感情移入できる面白い作品である。

 

(40代男性)

 

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

 

湊かなえ作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする