読書感想文「鼻(芥川龍之介)」

なんて禅智内供は天邪鬼なんだろうと、私はまず思った。長年、気を病んで苦しんでいた長い鼻を、やっとの苦労の末短くすることに成功する。しかし、だんだん昔の不格好な長い鼻がよくなり、短い鼻をうとましく思い始め、ついに元の鼻に戻った時は、すがすがしい気持ちになるのだ。
 
もちろん私も、いや誰でも短い鼻の方がよいと思う。15㎝もある鼻を顔の真ん中につけていたら、食事の時に、実に不便だ。実際、内供は食事のとき、弟子に鼻を持ち上げさせていたのだ。機能性に優れなくて、かつ格好も悪い。
 
しかし、不思議なことに内供にとってこのような理由は、あまり気にするべきことではなかった。禅智内供は、高い位のお坊さんで偉い。だから長い鼻で悩んでいることを、他の人に気付かれるのが恐い。でも実はとても気にしている。修行を積んだ内供は、己の外見のことなど全く気にせず俗人とは違う、というプライドが強いのだ。そして、長い鼻により傷つけられるプライドに苦しんていたのだ。

 
 
そういえば、鼻といえば、鼻にかける、鼻がたかい、鼻につく、鼻をへし折るなど、プライドに関することわざが沢山ある。鼻は顔の真ん中にあり、突き出しているから一番目立つ。そのような位置にある鼻は、プライドの象徴なのだろうか。
 
話がそれたが、短い鼻になり、気に病むことがなくなったはずなのに、なぜかまわりから以前よりも笑われる。理由がわからない。長い鼻は不格好だから笑われていたが、何故短い鼻で笑うのか。内供は、ますます気持ちがざわざわして落ち着かない。
 
そして、ついに内供は笑われる理由を考え付く。それは、人々は人が不幸なときには同情し、その人が不幸を切り抜けると物足りなくなりいつしか又不幸になることを望む、という考えだった。内供は、この少々ひねくれた考え方をすると、段々不機嫌になっていった。短い鼻も嫌になり、元の鼻に戻った時は、これで笑う者はいないと満足してしまったのだ。
 
あまりにナンセンスだと思う。結局、内供にとって、人の目にどのように映るかが大切で、自分自身の価値観など全くないのだ。はたして、長い鼻になって内供は満足できるだろうか。又、笑われたり、変な態度をとられると、短い鼻がよくなって、短くなると長い鼻が……とずっと堂々巡りを続けるだろう。そして、一生、鼻のことを思い煩い内供は過ごすのだろう。プライドは人にとってやっかいなものだ。
 
もし、内供に素直に喜ぶ気持ちがあれば、こんな滑稽な事になるはずがない。プライドを傷つける長い鼻が短くなり、なんてよかったんだろうという素直な気持ちがあれば、こんなにまわりの人の目に気にすることがなかったのではないかと、私は思う。そして気分が晴れたに違いない。
 
(20代女性)
 
 
[amazonjs asin=”4101025010″ locale=”JP” title=”羅生門・鼻 (新潮文庫)”]
[sc:post-under-massage ]

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする