読書感想文「虞美人草(夏目漱石)」

藤尾は男を弄ぶ。一毫も男から弄ばるる事は許さぬ。藤尾は愛の女王である。藤尾は愛は愛されることで、自ら愛することではないと思っている。凡人にはとても、そこまで思えるほどの自信をないが、藤尾は男なら誰でも惹かれる容姿と魅力を持っているらしい。かといって、相手が誰でもかまわないというわけではない。

 

恋愛は、愛される人間と、愛する人間、それぞれの役目をきっちり担うことで、成立するという。だから、藤尾に言い寄る男の中で、小野という、愛するのを専属とする、言うなれば、自分のためにひたすら尽くしてくれるような相手を選ぶ。たしかに小野は、藤尾しか目にないようで、彼女に翻弄されるまま、言いなりのままになっているように思える。かといって、まるっきりお熱になって、恋焦がれているでもない。小野は世間に認められた学者だが、貧乏な詩人でもある。

 

なので、詩人を続けるのに、ふさわしい相手を探している。それにうってつけなのが藤尾だ。藤尾は後妻の娘で、その父親が亡くなって先妻の息子、甲野が跡を継いだものを、遺産や家は彼女に渡すと言っている。ということは藤尾と結婚すれば、金の心配をせずに、金にならない詩を書きつづけられるというわけだ。

 

と考えると、小野が彼女に頭があがらないのは、そういう下心があって、あくまで自分の将来のために、彼女のご機嫌とりをしている部分が、あると言える。藤尾は、おそらく、小野に下心があって、自分に媚びているとは思っていない。そうと気づいていれば、小野が他の女と一緒にいるところを見て、あれだけ悔しがっていた彼女が、この侮辱に耐えられないはずだ。にしても、小野に下心があることなど、すぐに見抜けそうなものを、人は自分に都合の悪いことは、相当見たくないものらしい。

 

 

 

小野にも言える。彼もまた、自分に下心があると知りつつ、藤尾に惹かれるのは、それでも純粋な思いからだと思い込んでいるところが、見られる。なんたって、彼は自分が人情家だと言っている。だから昔の恩に縛られて、したくない結婚をさせられるのに、きっぱりと断れず、心を痛めてしまうのだと。でも傍からすれば、人情家に程遠く、これほど打算的な男もいないように思える。

 

藤尾にはいくらでもへこへこするのとは対照的に、恩師の娘には、露骨なほど冷淡な態度をとる。理由は明らかで、恩師が今や権威が失墜したらしく、あまり収入がなければ、財産もなさそうだからだ。人は自分が思っているより、いい人間だとか偉い人間だと思いたがるものなのか。たしかに、そうやって自分に酔っていられれば、人生は楽しいかもしれないが、自分がそうでもないと気づかされる現実に直面したとき、払わなければならない代償は大きい。

 

どんなに権力や力、美貌を持っている人でも、一方的に人や運命を弄べることはないのだろう。弄んでいるように見えても、実は自分のほうが弄ばれていることに気づいていない。そんな状態の人間は見ていて、とても恥ずかしいし、自分はそうはなりたくないと、心底思うのだ。

 

(30代女性)

 

 

 

虞美人草

虞美人草

posted with amazlet at 18.07.16
(2012-09-27)

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

夏目漱石作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする