読書感想文「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(村上春樹)」

生きていく中で人はどれほどのトラブルに巻き込まれるのだろう心を抱えていることで巻き込まれるトラブルやその人が行った何かによって知らず知らずのうちに巻き込まれるトラブルなどトラブルにも種類はあるこの物語の主人公はたまたま始めた職業でたまたま受けた手術でたまたま受けた仕事で唐突にトラブルに巻き込まれることとなる

 

それはどうしようもなく不運であると私ははじめ思ったのだがそれはすべてが実は必然で偶然に見えることのすべてが重なって必然的にたどるはずだった彼の運命の中を歩いているのだということがわかる今回の作品は特にファンタジー要素が強く村上春樹がエンターテインメント小説作家であるのだということをいつも以上に感じさせる作品であるためにそのトラブルも私たちの日常とは直接結びつけにくいものではあったかもしれない

 

 

 

しかし私たちが日常の中で巻き込まれるトラブルというのもやはり偶然の重なりに見えていながら必然的に起こりうるものなのではないかということについては考えさせられた特に私はトラブルに巻き込まれやすい体質なのかいろいろなトラブルに立ち会ってきたのだがそのどれをとっても原因が私にないと思っていたことでも元をたどれば様々な私の行動がかかわっているのだということに思い至らされた

 

私はこの物語を読んで自分の運命には抗うことはできないのだということを切に思い知らされた結局この物語はハッピーエンドにも見える形で終わるそれは主人公が自分の運命を受け止め前を向いて歩いて行ったからだその運命はどう考えても悲劇的で救われたということはできないような状況のままだ

 

しかしその運命の中でもそれを悲劇であると受け止めるのではなく自分にとっても進むべき道がこうあるべきなのだとして受け止めるかによって生き方は変わってくるのだ私は自分が進んでいくべき道がどれほど悲劇的に見えても実はその中には希望が見えているのだと考えられるようになった実は絶望的な状況の中にこそ希望は見えるのだということを私は教えてもらったのだと思う

 

(20代男性)

 

 

 

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

村上春樹作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする