読書感想文「小僧の神様・城の崎にて(志賀直哉)」

小僧の神様城の崎にてには18編の作品がおさめられていてたいへん読み応えのある短編集だ先日城崎温泉に行くことになり城崎といえば志賀直哉の城の崎にてだと思い改めて読むことにした
 
この小説は電車事故で命拾いをした主人公が城崎に湯治へ行きそこでイモリなどのさまざまな小動物の死に様に触れて生死について考えるという内容の話だ著者自身もかつて山手線の事故に遭い城崎温泉で療養しているので実体験を元に描かれている作品である

 
 
短編なのですぐ読み終わるが内容はとても深くて考えさせらた生きていることと死んでいることは両極ではないという哲学的なテーマを無駄をそぎ落とした淡々とした筆致で述べているので余計に印象に残った城崎には城崎文芸館という施設があり城崎の地にゆかりのあった志賀直哉や白樺派の作家たちの特設コーナーも設けられている
 
ハイカラだった志賀直哉は温泉療養中に旅館の朝食は和食ではなくパンを好んで食べていたなどのエピソードも紹介されていて楽しく見学することができた私が訪れたときは企画展が鴨川ホルモーなどで知られている小説家の万城目学の特集が組まれており城崎温泉街でしか売られていないという書き下ろしの小説城崎裁判置いてあった
 
この小説はスランプに陥った小説家が担当編集者のすすめで城崎温泉を訪れ志賀直哉の足跡を辿っていくうちになぜか城の崎にて主人公が石を投げて殺してしまったイモリへの殺しの罪を問われてしまうという内容の話だ2013に志賀直哉来湯100年を機に次なる100年の温泉文学を送り出すべく城崎温泉旅館経営研究会が立ち上げた本と温泉という出版レーベルによって創刊された
 
城の崎にて発表されて今年で丸100年になるがこのように現代の作家を通じて作品に新しい風が送り込まれることはとても面白い取り組みだと思った
 
(40代女性)
 
 
[amazonjs asin=”4101030057″ locale=”JP” title=”小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)”]
[sc name=”post-under-massage”]
 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする