読書感想文「潮騒(三島由紀夫)」

三島由紀夫の作品には小説戯曲評論あるいは映画など様々なものがあるそのうちのどれがいいかとなると余りに作品がすぎて甲論乙駁だろう自身が読んだ限りでは小説に関してはそのきらびやかな文章が鼻について素直に好きだとは言えない作品が多い
 
よく言われるように戯曲などの方がその構成力に感心するしかし小説の中でも潮騒だけはその文体に癖がなく三島作品が苦手な私でもストーリーに没頭できた解説によるとこの小説はダフニスとクロエという古代ギリシャの作品からストーリーをそのまま取ったものでその文体も一種の実験的なものだという
 

 
 
その実験作が変に持て囃されたことで三島自身は面映思いだったようだしかし自分自身を出さないことでこういう文章が書けるのならむしろ三島には自分の正体を隠した作品をどんどん書いていってほしかったと思うここで見られる文章と例えば仮面の告白金閣寺見られる文章とではどちらが普通の読者に親しみやすいか明らかだからだ
 
それにしても日本のいかにも田舎臭い漁村を舞台に古代ギリシャ風の作品を書くなど三島というギリシャ好きの特別な性癖の作家でしか思いつかなかっただろう実験作ということで恋愛模様もリアルなつもりではなく一種の様式にしかすぎないのだろうがそれが何度も映画化されアイドルたちの主演作として人口に膾炙したものとなったのは確かに皮肉である
 
その面で余りに有名になってしまったためこの作品を三島の意図通りギリシャ的に扱うアレンジ作品が生まれていないのは不幸なことかもしれない三島自身が歌劇にする計画を立てていたのは作品への誤解を正そうという意図でもあったのだろうか
 
単なる恋愛物語としてもこの小説は読み継がれてゆくだろうがその枠を越えギリシャ的古典美を見せる作品としての評価はこれからだろう黒蜥蜴映画化のような大胆な脚色作品が待たれるところである

(50代男性)
 
 

潮騒 (新潮文庫)
潮騒 (新潮文庫)

posted with amazlet at 19.04.14
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 3,834

 
[sc name=”post-under-massage”]
 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする