読書感想文「白銀ジャック(東野圭吾)」

疾走感を持って一気に読めるこの本を読み終えたときの感想だ主人公はゲレンデを見回るパトロールそれだけですでにちょっとかっこいいすでにちょっと羨ましいそんな主人公がゲレンデに爆弾が仕掛けられたという事件に巻き込まれ事件解決を目指しながら

 

過去を引きずる人と対峙したり淡い恋愛模様があったりとあれこれ盛り込まれた娯楽作だ私にとっての東野圭吾作品はこれといって読みたい本がないときに手に取るいわば安全牌だ決して悪い意味ではなくむしろ私は東野圭吾作品が大好きだ

 

出ている文庫は全部読みたいし実際にほとんど読んでいるでも他の作家の作品も話題になったりジャケットが気になった時に自由に手に取りたいので必ず読むであろう東野圭吾作品は後に回しておいて読む物がなくなった時に開くわけだ

 

 

 

東野圭吾作品は総じてミステリー作品が多くこの白銀ジャックも例外ではないのだが印象として全体的にタッチが軽く読みやすい普段殺人とか犯人捜しとかそういった作品を嫌煙する人にも読みやすい一冊だウインタースポーツをする人なら尚のこと想像力を働かせて主人公になりきって読むことができるだろう

 

そんな風に主観的に妄想しながら読むのがとても気持ちがいい自分がゲレンデのパトロールとしてルールを守らずコース外に出たものを追いかけたり犯人と雪上で激しいレースを繰り広げたりする様は読んでいて気持ちのいいことこの上ない

 

そんな意味では実際に雪の上を滑ることのできないオフシーズンの楽しみとして勧めしたいそのような娯楽作であるこの作品もその実ちゃんと現実社会でも起こっている問題が描かれているため浮足立ったファンタジーSFにはならずに読むことができる

 

経営難に喘ぐスキー場の問題や登場人物の等身大の悩みが物語をいい具合に引き締めてくれるこの作品の不思議なところは読者を裏切らないところだ想像したラストシーンとあまり違わないラストを迎えることになるのにちゃんと面白い

 

気持ちよく読み終えることができるそれもこの白銀ジャックの魅力のひとつだろうちょっと元気がほしいとか重たい物語はちょっとというときに読みたいお勧めの一冊だ

 

(20代女性)

 

 

 

 

白銀ジャック (実業之日本社文庫)
東野 圭吾
実業之日本社 (2010-10-05)
売り上げランキング: 169,063

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

東野圭吾作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする