読書感想文「富獄百景(太宰治)」

私はこの作品を初めて読んだのだが、とても感情移入しやすい作品だと思った。太宰というと少しマイナスの感情が作品の中でぶつけられているイメージもあるがこの作品は日本で有名な富士山が生活をしていくなかで太宰の中で変化していく過程がとても魅力的だからである。

 

少し、恋愛小説に似ていると私は思ったのだがというのも、太宰は最初はこの富士に対してただの絵と同じだと思っているように富士に関心がない。しかし、生活をしていくなかや下宿先で沢山の人間と交流をしていく中で富士の色々な部分を発見していく姿が女性との恋愛のように見えて面白い。

 

また、小説を書くアーティストである太宰が世界遺産にもなった日本の富士に魅力を感じなかったという感情を小説で書いているのも面白い。そこが人間らしく取り繕っていない太宰を愛せるポイントではないだろうか。

 

作品の中では特に大きな事件が起きたり彼の中で大きな刺激を受けるような出会いがあるわけではない。しかし、毎日生活を共にする富士が少しずつ少しずつ太宰の中で友人というのか恋人というのかもしかしたらもう一人の自分のように距離を縮めていく姿が共感を覚える。

 

確かに、人は場所や物に愛着を覚えるように景色や自然にも愛着を覚えていく。誰にでも経験のあるが、しかし当たり前すぎて見落としがちの生活風景を表現している作品に私はとても魅力を感じたのである。

 

それこそ、太宰が過ごしたであろう御坂の下宿先は特別高級な居心地の良い下宿先であったわけではないだろう。また、そこの場所から見える富士が特別綺麗に見える絶景というわけでもなかったであろう。しかし、御坂やその付近で生活している太宰にとって会社の同僚や家族のように生活に隣接している富士の姿がいつからか、気になる存在になっているのが面白い。

 

そして、何よりも一番面白いのは太宰がその富士への表現方法がとても簡潔でわかりやすいところが良いのである。最初は印象が悪かったようで「まるで、風呂屋のペンキ画だ」という表現をしている。

 

ここまで面白く愛情も感じない表現を出来るのは太宰しかいないだろう。普通の人なら富士をたたえるであろう。旅行客や外国人などはこれを聞いたらびっくりするかもしれない。しかし、日本の富士を見て風呂屋のペンキ画と言った人間が日本の文芸界を代表する小説家だと思うと本当に興味深い。

 

そう考えると世界中の人にぜひ富士を見て、さらにこの富獄百景を見ていただけたらと思う。きっと、人それぞれの百景を感じることが出来るのであろう。そして、またどんな富士が見れたのかを思い出しながらこの作品を読めばさらに面白く感じることが出来るのであろう。

 

最後になったが、小説最後に太宰が写真を撮る部分があったが、富士だけを撮った太宰にはどんな富士が映ったのだろうか?気づけば富士を眺めながら生活をしていた太宰ならきっと富士の良さをレンズにおさめることができただろう。

 

これを見て私も富士を見に行きたいと思った。小説を通して日本の文化遺産でもある富士について考えることが出来て良い機会をもらえたと思った。私も富士を見た後にまたこの本を読みなおしてみたいと思う。

 

(30代女性)

 

 

 

 

固定ページ: 1 2 3

コメントを残す

シェアする