感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「彼岸花(宇江佐真理)」

人生五十年(現代はもっと長い)、その中で悲劇があれば喜劇もある。わらわらと群れ住む人間たちが、個々にいかなる悲喜劇を抱えていようが、地球は自転し時間は前へ進む。それが世界だ。そう言ってしまえば冷たい厭世家の独り言にも聞こ […]

続きを読む

読書感想文「ダブリンの人々(ジェイムズ・ジョイス)」

「大作家というのはなによりも民族的なのです。彼ら自身の民族性が強烈であってはじめて国際的になれるんです。私自身はといえばいつだってダブリンについて書いています。だって、ダブリンの核心に到達できれば、世界の全都市の核心に到 […]

続きを読む

読書感想文「オリクスとクレイク(マーガレット・アトウッ[…]

「あの時こうだったら」「こうしていたら」と、あり得ないことと分かっていながら正解の自分を探す様は、私の胸に強く響いた。主人公スノーマン(ジミー)は己の人生の読み返しを何度も行う人物だ。人類がほとんど生き残っていない破滅後 […]

続きを読む

読書感想文「アバター(山田悠介)」

人間の執着っていうのは恐ろしい。時には周りから見れば小さな事であっても、本人にとっては人を殺めてしまっても成し遂げたいほどの事にまで及ぶこともあるからだ。地味で不細工な女の子、阿武隈川道子、通称アブコは高校生になって初め […]

続きを読む

読書感想文「ハワイイ紀行(池澤夏樹)」

今思えば、恥ずかしいことに、当時はハワイ好きといっても単純にワイキキ好きに過ぎず表面的にしかハワイの事を知らなかった。近年、ハワイを訪れるたびに開発が進み、人が増え、変化し続けるワイキキとその近郊を見て、なんだか違うと感 […]

続きを読む

読書感想文「モンスター(百田尚樹)」

この物語は美容整形によって人生を変えていく女性の物語である。実は私は、以前美容整形外科で看護師として勤務していたため、物語の中で美容整形のことがどのように扱われ、捉えられているかに興味をもち、本書を読みすすめた。読み始め […]

続きを読む

読書感想文「風が強く吹いている(三浦しをん)」

私はとにかく箱根駅伝が好きだ。特に陸上をやっていたわけでもないし、ジョギングだってこの先もすることがなさそうだ。だけど、正月には必ず箱根駅伝のテレビ中継を観る。1月、2日と3日は半日テレビの前に座っている。かくいう私も昔 […]

続きを読む

読書感想文「初恋(ツルゲーネフ)」

この本との最初の出会いは、読書好きの私の母の部屋の本棚にあったこの本を、10代の頃の多感な私が手に取ったことがきっかけであった。しかし、若い頃はこの本の内容がよく分からず、単なる思春期の少年の初恋の話だと思っていて、最近 […]

続きを読む

読書感想文「あしながおじさん(ジーン・ウェブスター)」

孤児院で育った女の子が書いた何気ない作文が、孤児院の評議員をしているあしながおじさんの目にとまり、大学へ行かせてもらうことになる。ただし、月に一度おじさんに手紙を書くのが条件なのだ。それは彼女を作家にする訓練みたいなもの […]

続きを読む

読書感想文「わたしはホロコーストから生まれた(バニース[…]

歴史を振り返ると悲しい気持ちになる。人間の歴史は戦争の歴史だからだ。戦争によって航空機やロケット技術などの科学的発展を是とする考えもわからなくもないし、自国の主権を正当化するための手段としてやむを得ない事なのかもしれない […]

続きを読む

読書感想文「赤頭巾ちゃん気をつけて(庄司薫)」

ストーリーは、学校群制度導入直後の都立日比谷高校を舞台にして展開する。主人公は学校群制度導入前の端境期に、受験エリートとして日比谷高校に入学した男子高校生で、受験を控えている。主人公は東大が学生運動の影響で入学試験中止を […]

続きを読む

読書感想文「空飛ぶタイヤ(池井戸潤)」

父親の跡を継ぎ、運送会社を経営する赤松徳郎が、ある日、自社のトレーラーのタイヤが脱落し近くを歩いていた母子に激突し、死傷する事故を起こしたことを知るところから始まる物語である。タイヤがはずれた事故原因は、自社の整備不良に […]

続きを読む

読書感想文「その日のまえに(重松清)」

この本との出会いは女優の桐谷美玲がおすすめしていたから読んでみたかった、というただ単純なものだった。「その日」と言われて思い浮かぶのはなんだろうか。友人や恋人と過ごす日、家族や大切な人の誕生日など様々あると思うが、この本 […]

続きを読む

読書感想文「フェイバリット・ワン(林真理子)」

私は上昇志向の強い人間は嫌いだ。自分のなりたいものになるためになり振り構わない人間が嫌いだ。だが、夏帆は好きだと思った。今まで毛嫌いしてきたこの類の人達も、もしかしたら好きになれるかもしれないとまで思う。   […]

続きを読む

読書感想文「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて[…]

子供を持つ多くの親達が、この本を手に取る理由はただ一つ、「この本を読んで真似すれば、わが子も慶應大学、いや東京大学も夢じゃないかもしれない」というものだ。目次を見て、まず合格のノウハウを探すのは真面目に勉強しているのだけ […]

続きを読む

読書感想文「にじいろガーデン(小川糸)」

世界にはいろんな形の愛がある。ありふれた言い回しだが、この本を読むとそう感じた。登場人物は主に4人である。一人は、一人息子をもつ泉。泉の息子の草介。そして、泉のパートナーとなる千代子、そして千代子の娘の宝。泉と、千代子は […]

続きを読む

読書感想文「その時までサヨナラ(山田悠介)」

仕事人間の男に子育てができるのか、と言うよくありがちな父と息子が心通わせていく物語。逆に言うとオチが分かっている物語。しかし分かっているのに泣けてしまう。はじめてこの作品を読んだのは独身時代で、一人の仕事人間であった頃に […]

続きを読む

読書感想文「サーカスナイト(よしもとばなな)

物語は、みちるという娘を持つ女性さやかの話である。さやかは、旦那を亡くし、その後二世帯住宅で義母と義父、そして娘と暮らしている。お互いに、義理の関係でありつつも自立していて自由ながらも、どこかで想いやっている関係である。 […]

続きを読む

読書感想文「西部戦線異状なし(レマルク)」

何ということだろう。生き延びて帰った懐かしい我が家より、戦場の方が心が休まるとは。戦場では過去、何千万人という兵士が、故郷に帰りたいと思いつつ異国で骸と化したのに、彼らが死の間際まで欲してやまなかった我が家が、主人公、パ […]

続きを読む

読書感想文「おちくぼ姫(田辺聖子)」

「おちくぼ姫」は、日本のシンデレラストーリーだ。西洋のシンデレラと似ているけど、ちょっと違う。とても個性が強い。それは、作者である田辺聖子氏のおちくぼ姫への思い入れの強さでもある。人柄が穏やかで、才気あふれ、縫い物が上手 […]

続きを読む