感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「生き方は山が教えてくれました(原伸介)」

「山に生きる」とはどういうことだろうか。最初はタイトルに惹かれた。ただそれだけのことなのに、私の見方や価値観を大きく変えることになる。私の見方を変えてくれたのは山の神様の言葉だった。「いいんだよ。来たいときにおいで」筆者 […]

続きを読む

読書感想文「白い犬とワルツを(テリー・ケイ)」

「きょう妻が死んだ。結婚生活57年、幸せだった。」この一文から、この主人公サムの人生とはどんなものだったろうと気になった。幸せだったって言いきれるってどんなものなのか。どんな素晴らしい人生なのかと思ったが、私の想像してい […]

続きを読む

読書感想文「おばあさんのひこうき(佐藤さとる)」

この本は私が小学生の二年生か三年生かは忘れたが夏休みの読書感想文の宿題の為に学校の図書室で借りた本だ。当時どう感じたかは明確に覚えてはいない。だが、翌年の夏休みの読書感想文の宿題の為に借りる本を探していた時に背表紙を見付 […]

続きを読む

読書感想文「容疑者Xの献身(東野圭吾)」

衝撃の結末だった。私が推理小説というジャンルに興味を持つきっかけとなった作品である。もともと、本を読むことは好きな方であったが、読むのは専ら偉人の自叙伝や自己啓発本の類であり、小説のジャンルにはあまり手を出さなかった。中 […]

続きを読む

読書感想文「キッチン(吉本ばなな)」

あの時はまったく知らなかった感情をいま、こんなにも抱えているんだ。吉本ばなな「キッチン」を初めて読んだのは中学生の時だった。母が買ってきてそれを借りて読んだのを覚えている。母は読みながらひどく泣き、心の奥まで痛いとそのと […]

続きを読む

読書感想文「海(小川洋子)」

表題作「海」では冷静さを保ちながら優しくいられるということがどういう空間であるかということを感じることができた。なぜ受け入れられるかをわざわざ考える必要もなく、自然に受け入れることとはなんと美しいことだろう。 &nbsp […]

続きを読む

読書感想文「流星ワゴン(重松清)」

この本は人生に自暴自棄になっていた主人公が、交通事故で亡くなった父子に遭遇し、ひょんなことからワゴン車で共に旅をしていく中でこれまでの人生を考え直していく物語である。私も常々、人生をやり直せたら、あの時違う選択をしていた […]

続きを読む

読書感想文「むかし僕が死んだ家(東野圭吾)」

この本を買ったのは、タイトルが目に刺さったからである。「むかし僕が死んだ」とはどういうことだろうと興味を持って手に取った。主人公の男性の、どこか突き放したような、あきらめたような乾いた視線で物語は始まる。私はこの、東野圭 […]

続きを読む

読書感想文「ステップファザー・ステップ(宮部みゆき)」

「僕たち二人くらい、面倒みられない?」突然13歳の双子の男の子にそう言われたらどうするだろう?あり得ない展開ではある。だって双子の両親がそれぞれの相手と同時に駆け落ちして双子だけが残されるなんてあり得ないだろう。 &nb […]

続きを読む

読書感想文「ステップ(重松清)」

この本との出会いは新聞の新刊案内だった。その時は『ふぅん』程度にしか思わずにいたが、それから数日後別の用事で書店に行った時に平積みされたこの本に目が行った。何か吸い寄せられるように購入して早速読み出したら止まらなくなった […]

続きを読む

読書感想文「口笛吹いて(重松清)」

子供時代に周りにいた、そして今はどうしているのかわからないそんな子供達を思い出した。その頃の自分は気が弱く、自分の意見もろくに言えずなんとなく周りに合わせるような子供であった。そのおかげで特に仲間外れになることもなく、で […]

続きを読む

読書感想文「永遠の0(百田尚樹)」

本を読むのは好きだが、戦争を題材にした小説を手に取ることはあまりなかった。しかし、かなり売れているようだったので、どんなものかと軽い気持ちで読み始めた。読み始めるとどんどんのめり込んでいき、先が気になってあっという間に読 […]

続きを読む

読書感想文「人間失格(太宰治)」

私はうだつのあがらない人間であった。学生時代も、社会人になっても、人となじむ事ができず、どうしても孤立する人間だった。その為、事あるごとに「死んでやろう」と考える暗い人間である。あまり本を読むのは好きではないが、自殺未遂 […]

続きを読む

読書感想文「置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)」

突然の妊娠、そして結婚、出産を終えた私は寝不足と育児で精神的にも肉体的にも、ぼろぼろだった。仕事が大好きで殆ど仕事しかしていない毎日から、24時間、話の通じない赤ちゃんのお世話に変わった自分の生活スタイルにもついていけて […]

続きを読む

読書感想文「ぐでんに候 けんか安兵衛事件帖(亀かずお)[…]

時代小説を初めて読んだ。実在の堀部安兵衛の若き頃。主人公の安兵衛が江戸の町で喧嘩やもめごとがあるにつけ解決してく爽快なドラマだ。私がこの安兵衛ことやっさんに、惚れ込んだのは言うまでもなく女泣かせなキャラクターだったからだ […]

続きを読む

読書感想文「求めない(加島祥造)」

この本のタイトルにハッと目が行った。本屋で思わず立ち読みし即購入した。「求めない」ってどういうこと? 求めないことは、難しい。人はどうしても求めてしまう生き物だから、著者はなるべく求めない生活を実行すべく自給自足をしてい […]

続きを読む

読書感想文「まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)」

「幸福は再生する」果たしてそうだろうか。小説の最後に書かれた一文を読んだ時、私は自分自身の生きてきた道を省みた。小説内では、不慮の事故で切り落とされた行天の指が再びくっついて再生する描写があった。だがもしも、切り落とされ […]

続きを読む

読書感想文「あの頃ぼくらはアホでした(東野圭吾)」

あの頃ぼくらはアホだった。これは東野圭吾のエッセイ。東野圭吾がいかにしてつくられたかが垣間見える本で、思わず共感してしまう内容ばかりである。子供時代、中学生、高校生、大学生、自分も同じ経路をたどって今に至るもんだから、共 […]

続きを読む

読書感想文「お兄ちゃんは自殺じゃない(三笠貴子)」

日本の社会はさまざまなところに深い闇を抱えている。それは警察という公権力であっても決して例外ではない。警察が抱える闇はときに、冤罪事件や裏金問題、不祥事のもみ消しなどとして世間の光に照らされ、注目を浴びる。本書の「お兄ち […]

続きを読む

読書感想文「ぼくがぼくであること(山中恒)」

主人公の秀一は、いつも母親から「あんたはダメだ」と怒られてばかりだ。真面目で頼りない父に生意気な妹、出来の良い兄が二人の家族の中で秀一はうんざりしていた。秀一は何をしても疑われて怒られる。褒められる事を知らない子供である […]

続きを読む