読書感想文「漁港の肉子ちゃん(西加奈子)」

この本を読んで私は人間の強さを感じた。強さとは生命力の強さのことでもあり、絆の強さのことでもある。この物語の主人公である「肉子ちゃん」はお世辞にも美人とは言えず、まるまると太っている。すぐに男ダマされ、貢ぎ、あげく逃げた男の借金を肩代わりしても、あっけらかんとしながら焼肉屋でせっせと働き借金を返しているのである。

 

女性として魅力的とはいえない肉子ちゃんだが、この本を読み終わったあとに、肉子ちゃんがどれほど愛おしい女性であることか分かるはずだ。肉子ちゃんの口から発せられる言葉や彼女の放つ空気感は、人の気持ちなどお構いなしにそこにあり続け、一切ぶれない。

 

それはときに空気の読めない人間と言われがちだが、肉子ちゃんはそれすらも吹き飛ばしてしまうパワーを持っているのだ。読んでいくうちに、肉子ちゃんの存在に安心させられている自分がいた。こんな人が身近にいたらと思うと本当にうらやましくて、会って話しをしてみたいと思えるほどだ。

 

 

しかしそんな彼女にも過去は存在する。彼女には昔、姉妹のように仲の良かった親友がいた。いまはもういない。いつでも関西弁を話す肉子ちゃんはその昔東京に住んでいたのだ。そして今では日本海に面する漁港で、自分と同じ名前の娘とともに暮らしている。

 

この本に出てくる漁港にはいろいろな人が暮らしている。読んでいくうちにそのひとたちの生活が見え始め、息づかいまで聞こえてくるのだ。この漁港に住んでいる人たちはみな生きているのだと感じた。肉子ちゃんだけではなく、登場人物みんながこの本のなかで生きているのである。

 

「きくりん」と呼ばれている肉子ちゃんの娘「喜久子」は肉子ちゃんとは違い、いわゆる普通の感覚を持っている女の子で、読者が一番感情移入できる人物だが、彼女にも彼女の葛藤があり、人知れず抱いていた思いに心を打たれた。また、あとがきを読んでさらに感銘を受けた。

 

漁港のモデルは日本海ではなく、宮城県のとある漁港だったという。震災前の話だ。あんなに生命力に満ち溢れていて、本の中の漁港で生き続ける肉子ちゃんは、やっぱり魅力的で、ちょっとずるいと思った。

 

(20代男性)

 

 

[amazonjs asin=”4344421841″ locale=”JP” title=”漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

 

西加奈子作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする