読書感想文「一ヶ月で引き寄せを成功させるシンプルな方法: 引き寄せは簡単!(猫月美々)」

電子書籍のリーダーを手に入れ、初めて、電子書籍のみの販売があると知った。そして題名にひかれて購入した。何より価格が安いので、買っておもしろくなっくても、そんなに損した気にならないという気楽さもあった。ところが読んでみて衝撃を受けた。いや、衝撃というより何故か胸の奥がキュンとなるという身体も反応したのだ。

 

「引き寄せの法則」関連の本は、以前 マイケル・J・ロオジェ「引き寄せの法則」を読んだことがあったが、あまりよくわからずじまいで終わっていた。又、引き寄せの法則関連の別のブログも見たことがあったが、結局、セミナーに誘導したり、ブログの収入が目的なような意志を感じて、それに、どこかに不信感を持っていた。

 

ところが、本書は、全くそのような下心は感じず、本当に自分が体験したことを皆にも経験して欲しくて、そのために出版した本なのだと、直観でわかった。そして、とてもわかりやすい。引き寄せの法則はとてもシンプルで、「願ったことは叶う」というものだが、実践はむずかしい。

 

 

自分の思考を変えるということは、人は中々できないことだからである。そこで本書は、具体的な方法を教えくれる。それは誰にでもできる、大変簡単な方法で、さっそくやってみようという気持ちになる。一番嬉しかったのは、「(願いを)書き終わりましたか? さぁ、喜んでください。書いたことはすべて叶います」という言葉だった。

 

単純だと思われるかもしれないが、その一文が本当に嬉しいと思わせてくれるのは、本全体の文章が、知的で、冷静で、そして謙虚だからだ。その中での、この言い切りの一文は、私には心から信じらる一文だった。もちろん、本書の提案を受け私はすぐさまノートを2冊のノートを買いに走り携帯のボイスレコーダーに自分の声を録音した。

 

しかも、ノウハウを教えてくれる本にありがちな「毎日努力しましょう」などの、お勧めもないことが、嬉しかった。「書かなければならないという苦痛を伴って対処することは、潜在意識を幸せな状態であると認識させるという目的に反しています」とまで言ってくれる。

 

これを読んで、私は「何をしてもよくて、何を望んでもよくて、ただ楽しめばよいんだ!」という、言い知れぬ喜びを与えられた。数ヶ月たっても、この喜びは持続しているし、もちろん、小さな願いではあるが、願いは次々に叶っている。出会いに本当に感謝している.

 

(50代女性)

 

 

[amazonjs asin=”B00U4189EO” locale=”JP” title=”一ヶ月で引き寄せを成功させるシンプルな方法: 引き寄せは簡単!”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

コメントを残す

シェアする