読書感想文「海賊とよばれた男(百田尚樹)」

「海賊と呼ばれた男」…と初めて聞いたとき、特にピンと来なかったのが正直な印象だ。それが、今では知らない日本人はいないだろうというくらいの大企業である「出光興産」の創業者がモデルであると聞いて「なぜ海賊だろう?」と興味を持ったのがきっかけで読み始めた。

 

そして、読み進んでいくうちに興味本位な気持ちがどこかへ吹っ飛んでしまうほど、この主人公に惹かれてゆく。まず、読み始めて数ページでこの主人公を構成している骨格のようなものを感じることができる。終戦の2日後、焼け野原の東京に残った国岡商店の大会議室で社長の国岡轍造は社員たちに向けてこう言う。

 

「愚痴をやめよ」「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからといって、大国民の誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいる限りこの国は必ずや再び立ち上がる時が来る」「ただちに建設にかかれ」

 

まず、これを言えるのは、社長と社員の間に、本当の意味で信頼関係が構築されている必要がある。終戦のたった2日後だ。すべての日本人が絶望に打ちひしがれてる時のことだ。読んでいる私は、戦後の日本が驚異的な復興と成長を成し遂げ、現在に至ることを歴史として知っているが、当事者の彼らにはそんな未来の日本を想像できる余裕はないだろう。

 

悲しみと絶望の中にある彼らに「愚痴をやめよ」「ただちに建設にとりかかれ」という社長と、それを聞いて背筋を伸ばす社員たち。一体、この会社はどんな会社なのだろう?一体、この社長はどんな社長なのだろう?そう思いながら読み進んでゆき、最終的にはこの主人公から様々なことを学ぶことになる。

 

そして自らの考えや生き方にエッセンスとして取り入れることのできる作品が私にとっての「海賊とよばれた男」である。ちなみに、なぜこの主人公が「海賊」と呼ばれたのかは、第二章で判明する。轍造が、人の道として大切なことを理解している人間であると同時に、人並み外れた行動力と機転の良さを持ち合わせているというエピソードとなっている。

 

人間は、自分以外の何かのため、誰かのために生きようとした時、想像以上の潜在能力を発揮できる生きものであるのかもしれない。そんなことを考えさせられる。国とは?会社とは?働くということとは?多くの人がこの作品を読んで、考えてみるきっかけになったと思う。

 

(40代女性)


 

 

 

 

主人公である田岡は商人として時代に合った大胆な戦略と、周りの対人に対しての考え方に感銘を受けた。戦前から戦後の高度経済成長期を迎え当時の日本経済に合ったビジネスプランと自分の意思を曲げず突き進んで行き、少しづつ成長して行く田岡商店のストーリーは今の日本経済にはそぐわないかもしれないが当時の日本の色んな背景が鮮明に感じられた。

 

好きこそ物の上手なれと言うがまさにそう感じた。石油を独自に改良し、より良い製品を消費者へ提供し、少しづつ結果を残して行く様はそのビジネスへの闘志と同時に好きではないとできないほどハードなものだった。辛い時を思い出して今を乗り越える。

 

仕事がなかった時、田岡商店が誰もやらないであろう石油タンクの中に入り作業をする。そして後に田岡は辛い時はタンクの底に戻れと言っている。まさに日本人独特の不屈の精神を感じる。特に彼の人望が記憶に残る。

 

会社が業績不振に陥った時も個人の財産を投げ打って1人の従業員も解雇せず、そこからまた飛躍して行く姿は人として素晴らしく、またそこまで出来る主人公の勇気と実力を感じた。従業員からの信頼、そして会社の一致団結の、精神は読み始めは少し疑問を感じた。

 

それは昭和初期の軍事国家である日本が背景なあったせいか、主人公の独裁的な会社運営かと感じた。読み進めて行くにつれ、その考え方がいっきに払拭されていく。会社にタイムカードはない。退職もない。ひとりひとりが経営者という考え方。主人公の従業員への信頼が大きいものと感じた。

 

そして当時の日本がサンフランシスコ平和条約を結び民主化が進むそんなもっと前からその会社に大きな民主主義が存在していたように感じた。最終的な決定権はもちろん主人公がくだし、その責任は主人公である田岡にある。

 

その単純そうに見える複雑な会社運営と対国に対しても自分の意思を貫き突き進む勇気には素晴らしいものがあった。その勇気は自国を思う主人公の愛国心を感じ、自国の為に今の時代にも必要不可欠な日本人としての気質を改めて感じされてくれた。

 

この主人公が商人として飛躍したことが良かったと思う。

 

(30代男性)

 

 

 

 

 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社 (2014-07-15)
売り上げランキング: 2,633

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

百田尚樹作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする