感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「大河の一滴(五木寛之)」

五木さんの本読んだの初めてですが、この本の存在知ってたのですが、長らく読むことはなかったです。正月実家に帰って、父の本棚で見つけて、読んでみようといった気になりました。そして僕は最近自分という存在について深く考えるように […]

続きを読む

読書感想文「魔族狩り(友成純一)」

バブル景気に乗っかるようにして登場した、友成純一。’85年に「肉の儀式」を刊行して作家デビュー。その後バブル崩壊とともに作品の刊行数が激減。なのだが特に’87年以降の刊行数が月刊ペースを上回っていた。ジャンルはスプラッタ […]

続きを読む

読書感想文「さあ、地獄へ堕ちよう(菅原和也)」

第32回横溝正史ミステリ大賞を受賞とのことで、読んでみた。主人公がアルコールと処方薬に依存しているSMバーでM役としてアルバイトしているという設定自体が意外だった。そのような主人公が、知り合いの憧れのアルバイト女性の死を […]

続きを読む

読書感想文「神様の御用人(浅葉なつ)」

この本は大学を卒業し、一旦は社会人になったが会社を辞めフリーターになってしまった主人公の「良彦」の物語である。良彦のもとにある日突然、狐の神様の「黄金」が現れた。人々が神事を怠ったせいで神様の力が削がれてしまったと語る黄 […]

続きを読む

読書感想文「骨音―池袋ウエストゲートパーク3(石田衣良[…]

石田衣良の人気シリーズの3作目である。おそらく、ドラマの方の池袋ウエストゲートパークを知っている人が多いであろう。ドラマの方は脚本を書いた宮藤官九郎の特徴がよく出ているのだが、原作となっている小説が元になっているので、ド […]

続きを読む

読書感想文「行かずに死ねるか!―世界9万5000km自[…]

石田ゆうすけさんの世界一周旅行エッセイである。7年半をかけて自転車で世界を周るというもの。出発前からの出来事が綴られ世界一周へと旅に出るのだ。ページをめくるごとに引き込まれ、作者の文章には想像を豊かにさせる力があると感じ […]

続きを読む

読書感想文「君と会えたから・・・(喜多川泰)」

小説のスタイルで書きあげられた自己啓発本となっている。小説としてもちゃんとした物語を書きあげ、生き方・今すぐに行動に移す事について考えさせられる内容。私にとっても学びがある内容だったが、子供が出来たら絶対に読ませたい本だ […]

続きを読む

読書感想文「大いなる眠り(レイモンド・チャンドラー)」

フィリップ・マーロウものの第一作目だがこれまで他の作品は読んできたものの今回初めてこの本を読了した。マーロウもまだ若く知り合いの検事など登場人物もシンプルで読みやすかったがやはり最終的にはあの人は誰に殺されたのかな?とい […]

続きを読む

読書感想文「ビューティーキャンプ(林真理子)」

この本は、ミス・ユニバースの大会を控えた美女12名が本番を控えた2週間の間に、美、知識、自信を磨き上げていく合宿と、ミス・ユニバースの最終審査当日までが描かれた話である。主人公は、その事務局に勤める女性で、NYの本部から […]

続きを読む

読書感想文「凍てつく太陽(葉真中顕)」

私自身が長年考え続けてきた諸問題に、この本は一つの回答を提示してくれた。「豊かさ」とは何も物質面や利便性だけを追求した結果、生まれてくるものではないということに。狩猟生活を送る者、農耕生活を営む者、それぞれの民族の歴史や […]

続きを読む

読書感想文「だれもが知ってる小さな国(有川浩)」

佐藤さとるの「コロボックルシリーズ」の第1巻である『だれも知らない小さな国』のオマージュであり、それの新世代版であり、佐藤さとる公認のシリーズ続編といえる作品だ。文体もよく似ている上、挿絵も同じ村上勉なこともあり、「コロ […]

続きを読む

読書感想文「下町ロケット ヤタガラス(池井戸潤)」

『下町ロケット ヤタガラス』は、阿部寛さん主演の2018年日曜劇場「下町ロケット」の後半の原作である。下町の中小企業である佃製作所は、本書では大企業の帝国重工と最終的に協力関係を結び、下町の中小企業が集まった「ダーウィン […]

続きを読む

読書感想文「オリジン(ダンブラウン)」

AIという存在については、テレビで時折取り上げられるような嘘かほんとか、のような情報しか持っていなかったが、この本を読んだことで、AIという存在は思ってた以上に人類にとって大きな存在なんだなと感じた。今の世の中は何をする […]

続きを読む

読書感想文「沈黙のパレード(東野圭吾)」

この話はガリレオシリーズの続編であり、長編小説である。ガリレオシリーズを読んだことがあると分かるが、この話も例によって刑事の草薙が抱える事件を湯川が解決するという話である。だが、今回の「沈黙のパレード」ではかなり複雑な展 […]

続きを読む

読書感想文「送り火(高橋弘希)」

芥川賞を受賞した作品ということで、書店に行く度、気にかけていた。手に取るきっかけとなったのは、帯に書かれた「少年たちは、暴力の果てに何を見たのか――」という一文だった。『送り火』というタイトルからは想像できない、暴力の世 […]

続きを読む

読書感想文「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼[…]

映画も大ヒットの「スマホを落としただけなのに」の続編である「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」これも面白かった。今回は殺人の描写やエロい部分も少なく、前作よりは読後の気分は軽かった。この続編では殺人を犯さなかっ […]

続きを読む

読書感想文「刺青(谷崎潤一郎)」

何かで紹介され、ずっと気になっていた短編。いつか時間のあるときに本屋さんに探しにいこうと思っていたら、家族が持っていたので拝借した。谷崎潤一郎の作品はこれまで一度も読んだことがなかった。名前は知っていたが、なんだか「官能 […]

続きを読む

読書感想文「どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)」

この作品は最後まで、犯人が誰なのかハッキリとわからない作品である。具体的にいうと主人公の妹を殺した犯人は、妹の友達か、その友達の彼氏のどちらかである。最後まで、どちらなのか分からない結末で終わってしまったので、とてももど […]

続きを読む

読書感想文「雨・赤毛: モーム短篇集(I)(サマセット[…]

他のモーム作品と違って中野好夫さんの翻訳で読んだがほとんど気にならない訳で割りと好きなタイプ。もう古典に位置づけられても良いくらい古い日本語になるはずだけれど言い回しが気になるくらいであとは全く問題なかった。モーム独自の […]

続きを読む

読書感想文「変身(東野圭吾)」

この本は一言でいえば「脳移植」の話である。タイトルの「変身」と「脳移植」というキーワードから大まかなあらすじは想像できると思うが、まさにそれである。純粋で優しくて、絵を描くことが好きだった青年が、不慮の事故により「脳移植 […]

続きを読む