感想ライブラリー

読書感想文「気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念[…]

「気にしない練習」を読んで思えたことは、日々私達が生きて行く中で避けては通れない道である、「不安」「怒り」「煩悩」を放念するヒントとして、様々なことが記載されています。私が読んで納得した部分について、順に記載させて頂きた […]

続きを読む

読書感想文「陽だまりの彼女(越谷オサム)」

私が陽だまりの彼女を読み、印象的だと感じた部分はヒロインの渡来真緒が実は猫だったということである。主人公の奥田浩介は中学生の頃、渡来真緒と出会い、クラスからいじめられていた真緒を助けたことによって2人は距離が縮まることに […]

続きを読む

読書感想文「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56[…]

私はこの本を読んで、自分の心と向き合って、心の状態を整えることの大切さを理解した。これはスポーツだけではなく、仕事や勉強などのパフォーマンスも左右することだ。私が特になるほどと感じたことの一つ目は、「過度な自意識は必要な […]

続きを読む

読書感想文「その時までサヨナラ(山田悠介)」

仕事人間の男に子育てができるのか、と言うよくありがちな父と息子が心通わせていく物語。逆に言うとオチが分かっている物語。しかし分かっているのに泣けてしまう。はじめてこの作品を読んだのは独身時代で、一人の仕事人間であった頃に […]

続きを読む

読書感想文「思い出トランプ(向田邦子)」

私が向田邦子の作品を知ったのは、社会人になってからである。当時は仕事の失敗が多く、職場の人達とも距離を縮める事が出来ずに悩んでいた。そんな時にこの本に出会ったのだ。「思い出トランプ」は3つの短編で構成されておりどれも魅力 […]

続きを読む

読書感想文「ふたりのイーダ(松谷みよ子)」

もうすぐ八月、単なる夏休みという楽しさとは裏腹に原爆の日や終戦記念日が近づくと戦争のドラマの放映など、メディアで戦争についてとりあげられることが多くなる。図書館で平和の展示があったので久しぶりにこの本を読んでみた。主人公 […]

続きを読む

読書感想文「夫のちんぽが入らない(こだま)」

「夫のちんぽが入らない」という書名、間違っても書店員に問い合わせはできまい。しかし強烈に頭に残るそのフレーズに、私は惹きつけられずにはいられなかった。人には様々な生き方があるということは、誰もが知っていることである。だが […]

続きを読む

読書感想文「教誨師(堀川惠子)」

この本を読むきっかけとなったのが、武田鉄矢の三枚おろしというラジオが動画にて配信しているのを聞いて、読むことになりました。もともと死刑について関心があった事と、死刑に至るまでの生活あるいは境遇についてこの本には事件の流れ […]

続きを読む

読書感想文「火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)」

この物語はとてもリアリティのあるファンタジーだと思った。危険そうな人物は拷問にかけられ処刑されるという恐ろしい設定があるが、読んでいくとなるほど、「あり得るかもしれない」と思わされるのだ。   平和を守る為の「 […]

続きを読む

読書感想文「送り火(高橋弘希)」

芥川賞を受賞した作品ということで、書店に行く度、気にかけていた。手に取るきっかけとなったのは、帯に書かれた「少年たちは、暴力の果てに何を見たのか――」という一文だった。『送り火』というタイトルからは想像できない、暴力の世 […]

続きを読む