感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「中国行きのスロウ・ボート(村上春樹)」

一時期、狂ったように村上春樹の文章にハマった。エッセイ、小説、対談、手に入れられるものはあらかた手に入れて読んだ。喉が乾いてがぶ飲みする水みたいにスルスルと村上春樹の世界は私の頭の中に入っていった。それは自分では考え付か […]

続きを読む

読書感想文「コンタクト・ゾーン(篠田節子)」

上下巻にわたる長編を、一気に読み終えた。文庫本で読んだのだが、まずこの本に惹かれた理由は表紙である。本屋でちらっと見かけてすぐに、「見たことがある!」と釘付けになった。なぜなら、現在私が日本としょっちゅう往復している、イ […]

続きを読む

読書感想文「三陸海岸大津波(吉村昭)」

この作家の作品は非常に多く読んでいる。この作品は、その中でも非常にインパクトのある作品だった。その理由は、東日本大震災のあったときに、目にしたからである。筆致は非常に冷徹に真実に触れるタッチとなっている。しかし、その中に […]

続きを読む

読書感想文「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年([…]

村上春樹のことは色々聞いたり見たりしてましたが、実際読んだことが無くKindleを購入したのをきっかけに始めて読んでみようと思い、このタイトルの小説を読みました。本を読んで通して感じたことは結果よく分かりませんでした。主 […]

続きを読む

読書感想文「奇跡の人 The Miracle Work[…]

この本の最初のページに、ヘレン・ケラーの有名な言葉が記されている。本を購入する前から、「盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女」が登場することは知っていた。読み進めていくうちに、ヘレン・ケラーの日本版であることに気づくこ […]

続きを読む

読書感想文「君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)」

私は、以前から瀬尾まいこさんの作品を読んでいて、なんて暖かい文章を書く人なのだろうと思い、自分の好きな作家のひとりとしていました。以前は、奇をてらったような作家さんやミステリーなどを好んで読んでいましたが、子どもを産んで […]

続きを読む

読書感想文「億男(川村元気)」

2018年秋に映画化が決定したという帯とタイトルに惹かれて読了。宝くじで3億が当たった主人公が、大富豪になった学生時代の友人に使い道を相談する。この時点でなぜ高額当選を友人に話してしまうのか、という思いがわきあがりました […]

続きを読む

読書感想文「血か、死か、無か? Is It Blood[…]

森博嗣のWシリーズ8作目。人口細胞を入れることで、人間がほぼ永遠に生きられるようになり、人工知能が成熟の域に近づいた、今から約2百年後を描いた世界。研究者のハギリは、自身の研究内容に起因するためか命を狙われるようになり、 […]

続きを読む

読書感想文「鹿の王(上橋奈穂子)」

さすがとしか言いようがありませんでした。上橋奈穂子さんの作品には、必ずと言って良いほど地の繋がりではない絆があります。この物語の主人公であるヴァンは、自分と同じように謎の病から生き残った少女を拾います。名前はユナとつけま […]

続きを読む

読書感想文「愛のゆくえ(リチャード・ブローティガン)」

すごく概念的な話だと思う。あるところに思い深く書かれた本だけが保管される図書館があり、そこに主人公である「私」が住み込みで働いている、という設定からしてもう概念的だ。終始「私」の視点で話が進んでゆくのだが、ある日ヴァイダ […]

続きを読む

読書感想文「タイムスリップ・コンビナート(笙野頼子)」

この小説の事を知ったのは、作品で最終的に目指す「海芝浦駅」と言うのを知ったからで、笙野頼子と言う著者の事も、この人の他の作品も知らない状態で、早速買って読んでみたら、すぐにこの世界に引き込まれた。夢で見た「マグロ?」との […]

続きを読む

読書感想文「私をくいとめて(綿矢りさ)」

率直に言って、全体的に主人公に共感は出来なかった。自分の脳内にいるAとの会話を通して悩みを整理したり決断したりするのは、Aという名前こそつけないものの、私も自分とこうやって会話することはあるなと思う。主人公のように毎回で […]

続きを読む

読書感想文「坂の途中の家(角田光代)」

主人公里沙子が裁判員に選ばれてからの心の葛藤が読んでいて辛かった。子どもが生まれて泣いてばかりで床に落としてしまった、母乳が出なくて周りの意見が嫌で仕方なかったなど世間一般出産を経験した母親ならほとんど思うようなことが随 […]

続きを読む

読書感想文「国盗り物語(司馬遼太郎)」

国盗り物語は前半が斉藤道三、後半は織田信長が主人公の歴史小説である。斉藤道三は美濃のまむしと呼ばれ、一介の浪人から一代で美濃の国主にまで上り詰めた、下克上の典型の人物である。別名のまむしのイメージから冷酷非情で手段を選ば […]

続きを読む

読書感想文「ダイイング・アイ(東野圭吾)」

東野圭吾は情景や人の感情の記述が詳しく、物語にいつも引き込まれる。ただ、その内容は深刻なものであっても最後は救いのあることが多い。このダイイング・アイも無意識だろうかそのつもりで読んでいて、どこで常識的な記述が出てくるだ […]

続きを読む

読書感想文「AXアックス(伊坂幸太郎)」

作者のファンであり、久々に出版されたので、直ぐに購入しました。どの様な内容なのか、少し検索して知っていましたが、読み初めて直ぐに引き込まれる氏の手法にはまた驚かせながらも、見えそうで見えない結末へ向けて気付けば一気に読ん […]

続きを読む

読書感想文「日の名残り(カズオ・イシグロ)」

ノーベル賞作家カズオイシグロの代表作のひとつ。執事がつかの間の休日をもらい自動車旅行の過程で過去の日々の記憶を紡ぎだしていく…。昔の同僚に会いに行く旅という行動と、記憶を遡行させていくという行為がパラレルになって、さらに […]

続きを読む

読書感想文「僕はロボットごしの君に恋をする(山田悠介)[…]

主人公の健が、自分がAIロボットであることを知った時はどんなにショックだっただろう。話が進むに従って一喜一憂する姿からは全く予想できず、終盤に入り意表を突かれてしまった。   さらにヒロイン咲を見守り続けた一連 […]

続きを読む

読書感想文「朱夏(宮尾登美子)」

宮尾登美子さんの作品は時代を背景に強く生きる女性を描いた長編が大好きだ。この「朱夏」は敗戦の混乱の中、想像を絶する苦難の荒波にもまれながら生き抜くヒロインの物語である。著者自身、満州に暮らした経験が随所に散りばめられてい […]

続きを読む

読書感想文「ねじまき少女(パオロ・バチガルピ)」

まず、この本を手にとったのは舞台が珍しいと思ったからだ。舞台は近未来のバンコク。タイだ。あまりどころか全く小説でタイが舞台のものは見聞きしない。本書は海外SF小説であり、石油が枯渇した近未来を時間軸としている。そんな未来 […]

続きを読む