読書感想文「図書館の神様(瀬尾まいこ)」

誰よりも真面目で一生懸命にバレーに打ち込んでいた主人公のキヨが自分の言葉で部活の仲間を自殺に追い込んでしまうという出来事によって変わってしまいながらも、大人になって人との関わりあいや人の優しさに触れて成長していく姿に、私の中で暖かい気持ちが生まれた。

 

人それぞれ幼い頃や学生時代に嫌な思い出や忘れたくても忘れられないような思い出があるだろう。主人公はそんな忘れたくても忘れられない記憶を抱えながらも一歩踏み出して進んでいくことの大切さを教えてくれた。バレー部の顧問になれるかもという軽い気持ちで教師になったのはいいが任されたのは文芸部。しかも生徒は垣内という男子生徒ただ一人。

 

主人公にとって大きな成長の一つになる垣内君とのテンポの良い掛け合いや時にシリアスな会話は私の感情を様々な方向へ運んだものだ。この本の中には特別に派手な事件が起きるわけではない。しかし淡々とした日常の会話の中に相手への思いやりの言葉やきつい言葉など、言葉で相手に伝えることの大切さがたくさん詰まっている。

 

また感情の表現が多いので主人公のキヨの気持ちが強く伝わってとても共感できた。何よりも驚いたのはキヨが愛人をしていたことだ。不倫相手の浅見さんは結婚しているがそれでも付き合い続けるキヨ。浅見さんの気持ちとキヨの気持ちがうまく噛み合わない姿やキヨの一方的になっていく愛が私をなんもいえない気持ちにさせた。

 

落ち込んでいるキヨを気にしていろいろと理由をつけて家に遊びに来る弟。彼の発言には思わず吹き出してしまうことが多かった。何も考えていないように見える弟が姉のキヨを気遣い、大切なことを伝える姿はこの本の中の登場人物で一番好感が持てた。

 

一人だと思っているキヨを支える人一倍優しい弟、どうでもいいと思っていた生徒達の本音、そして文芸部での垣内君との会話によって過去を抱えながらも徐々に前向きになっていくキヨの姿に悩んでも、苦しんでも周りの人とともに進んでいくことの大切さを実感させられた。

 

(10代女性)


 

 

 

 

学校の文芸部を扱った作品を読みたいと思い、この作品を読んでみた。しかし、この作品に登場する文芸部は通常イメージする文芸部とは大きく異なる。まず、部員がたった一人しかいない。しかもその部員は中学校時代サッカー部に所属していて、運動神経が良いのにもかかわらず、文芸部に入っている。

 

しかし、そのたった一人の文芸部員の三年生垣内は本当に文芸を愛していた。次に、部活動の顧問が自ら望んで顧問についたわけではないということだ。この作品は文芸部の顧問になった高校の国語講師、早川清が主人公である。彼女は紆余曲折あって高校の国語講師になったが、学校の指示で文芸部の顧問になってしまった。

 

彼女はバレーボール部の顧問になるために講師になったようなものだからなおさらである。しかし、その作中に見られる主な文芸部の活動は、顧問と部員との文芸に関連したやりとりが多かったように思う。文芸初心者の清が垣内にアプローチをしてみるも、初めのうちは軽妙に返されてしまう場面は読んでいて微笑ましかった。

 

そして季節が進んでいくうちに、だんだんと気の置けないような関係になっていくのは良かったと思う。特に、生徒が使いやすいように図書室の本を教科別に並び替えたり、そして最後の部活動でグラウンドに飛び出して駆け回ったりするシーンは顧問と部員を超えた、文芸部の「仲間」関係が感じられた。

 

そのような関係でありながら、卒業式の際に清が垣内とあっさり別れたのも、彼女自身が成長したというのもあり、彼だったからというのもあるだろう。私は清と同じく普段あまり本を読まず、文芸部についてあまり詳しくはないため、部活動は堅いイメージがあった。しかし、文芸初心者の顧問と文芸少年の部員という全くタイプの異なる人がいる文芸部も悪くないと思った。

 

私にとっての身近な文芸部といったら、この作品に登場する文芸部なのかもしれない。文芸部以外にも、この物語では様々な出来事を通じて、清が変化、そして成長していく姿が描かれていた。その中で、清や垣内のように様々な性格や個性などを持った人が登場した。そのような魅力的な彼らに、私は出会うことができた。

 

(20代男性)

 

 

 

 

図書館の神様 (ちくま文庫)
瀬尾 まいこ
筑摩書房
売り上げランキング: 11,180

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

瀬尾まいこ作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする