読書感想文「縮小ニッポンの衝撃!(NHKスペシャル取材班)」

私は、この縮小ニッポンの衝撃を見て私の中に激震が走りました!当初、夕張市においては、無茶な市の政策から破綻になっていたことは、数年前にドキュメンタリーで見てから、理解しておりましたが、まさかこのような形で、日本の地方自治体が消滅の危機を迎える形になるとは思ってもおりませんでした。
 
私の中で衝撃が大きかった内容としましては、やはり、第2、第3の夕張市が人口減少及び人口流出から避けては通れない道になると言う内容でありました。ここで問題となりましたのは、東京都の23区内の自治体におきましても、近い将来人口減少が直面する形になり、各区長も信じられない!と言うような形で口々にしていたことでした。
 
東京ですら、その脅威に晒されることとなる状況で、一番懸念すべき状況としましては、各地方自治体の中でも、人口が極めて少ない限界集落でありました。この限界集落におきまして、どのようにして、人々は生きていくことをしなければならないか?一つの限界集落に取材した所、限界集落におきまして、一つの自治体が実施していた有効な内容としましては、人々の特に高齢者が主体となる足を作ることでありました。
 
コミュニティバスを自治体が運営するのではなくて、住民らで結成した自治体組織によりまして、運営することによりまして、コミュニティバスを地域全体で盛り上げて行く形でドライバーも日替わりで実施することにより、現状を集落全体に訴えかけると言う内容であります。
 
これを実践したことによりまして、「あのおばあちゃんは来ていないけど大丈夫か?○○さんはどうしているのか?」と言う形で、お互いに心配する形で支えていくことができるシステムになっていると言う形でありました。これまでは自治体が運営している所では細かな配慮まで行き届かない状況でありましたが、住民組織を結成することによりまして、住民自身で考えて実行していくと言う形を近い将来消滅する自治体については、検討していかなければならないポイントであると思いました。
 
(30代女性)
 
 

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)
NHKスペシャル取材班
講談社
売り上げランキング: 48,135

 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シェアする