読書感想文「羊と鋼の森(宮下奈都)」

これはピアノの調律師のお話である。田舎に住んでいる青年が、学生時代に出会った調律師に憧れてその世界に入るのだが、この本を読んだ後、自分も頑張らないといけないなと感じた。淡々と物語は進んでいくのだが、ずっと熱い主人公の感情が流れているのを感じてとても強い作品だなと思った。

 

初めはどことなく弱弱しい主人公だったのだが、どんどんと大人に成長していく様子が分かり、とても清々しさを感じた。調律師の仕事には様々あるのだということも知れた。主人公の青年とキーマンとなる調律師の男性が出会ったのは、主人公の通っていた学校であった。

 

学校のピアノの調律をすることも一つの仕事である。物語の中で、先輩調律師の男性と一緒に一般家庭のピアノの調律をする場面が多々出てくる。一般家庭でも調律をするということがあるのだなと思いました。昔、ピアノ教室に通っていたこともあったのだが、我が家に置いてあったピアノは電子ピアノだった。

 

電子ピアノは調律をしなくて大丈夫だろうから、調律師の方が自分の家にやってくることもなかった。学校でもよく友人たちとピアノを弾いたり、ピアノを弾いている友人とその音を楽しむことも多々あったのだが、調律師の方々が調整しに来ているということは知らなかった。

 

確かに、必要な存在だなと思いますが、その存在はあまり知られていない。調律師の世界というものがどういう世界なのかということを知らなかったので、仕事としてどういうことがあるのかということを知れて新鮮でもあった。調律の仕事を重ねていくごとに、成長していく青年。

 

毎日の積み重ねによって、調律の技能が向上していく青年。うまくいっているのかわからないということは誰にでもあるかと思う。本当にこの方法で合っているのか、どうなのか。ただ主人公の周りにいる素晴らしい姿勢をもって取り組んでいる人たち。彼らがいることで、主人公は更に成長を重ねていく。

 

自分にもそういった人たちがいるということを忘れないようにしなけらばならないと感じた。不安に思う点も、わからないこともたくさん出てくるときに、見本となる人を周りに探してその人の良い部分をマネしていきたい。そうして成長をしていきたい。そう感じる物語であった。

 

(30代女性)


 

 

 

 

こんなにもピアノが愛された作品があったのだろうか。ピアノが出てくる作品はそのほとんどがピアノを弾く人たちに焦点があたりピアノ自体は引き立て役に過ぎない。一方、この作品はピアノを整える調律師が主人公だ。そしてピアノと向き合う調律師の話でありながら、調律師と彼の周りの人間をも成長させるピアノの物語でもある。

 

高校生の主人公がたまたま校内の体育館でピアノを調律する現場に遭遇したことで彼の人生は動き出す。音楽の素養はなく、林業を営む家で生まれ、森に囲まれて育った彼はなぜピアノと調律にシンパシーを感じたのか。その理由が分かったとき、私はハッとした。世の中のすべてのことはつながっている、否、つなげられるといった方が正確かもしれない。主人公は調律されたピアノを聴いた時に、自分を育ててくれた森を見つけたのだ。

 

一見するとなんのつながりもなさそうだが、彼は彼なりのつながりを見つけ出した。これは誰にでもできることではなく、とてもすごい才能であり、そのような才能を持つ彼を私はうらやましいと思った。大人になり、様々な知識を持っているがために勝手にカテゴライズしてしまう自分を恥じた。森とピアノをつなげた彼は、調律師としての第一歩を歩みだした。そして出会う一人一人がまた彼を成長させる。

 

調律師は技術ももちろん大切だが、それ以上に人間として大切なことも教えてもらえるのは彼自身のおだやかな人柄故なのか。特に彼の直属の先輩と、彼が調律するピアノを弾く姉妹との出会いは彼を調律師として、人間として成長させていく。音楽的な観点からみると彼は調律師としての才能はあまりないのかもしれない。しかし、才能がない、というのは究極の逃げである。才能がないなら、自分の情熱を、向上心を磨けばいい。

 

先輩が主人公の彼に投げかける言葉の一つ一つは優しさと力強さが混在している。私もそんな先輩になりたい。そして、ピアノを弾く姉妹からは一人の調律師として信頼されるようになることで、仕事人として、社会人として成長していく。彼は自分の置かれた環境で得られるすべてを吸収できるほどの純粋さを持っている。それは彼の良いところでもあり、一社会人として私も見習いたいと思った。そして彼がこんな素晴らしい人に出会えたのはピアノがあったから。

 

ピアノを通して、調律を通して主人公に素敵な出会いをもたらすピアノもまた、この物語には欠かせない重要なファクターである。主人公の無垢さ、向上心、周りの人々、そして何よりピアノすべてが丁寧に物語を織りなし、穏やかなストーリーはすさんだ社会で戦う私たちに安寧をもたらすだろう。

 

(20代女性)


 

 

 

話題になっている映画『羊と鋼の森』の原作を読んだ。本作はピアノ調律師を志す青年の成長物語である。実力派の作家というだけあって、題名、タイトルにも工夫が凝らしてある。羊と鋼の森、の「羊」とはおそらくピアノの弦を叩くフェルトの事を指し、「鋼」とはピアノの弦の事を指しているのだろう。

 

鋼を打つフェルトの奏でる旋律、神秘的なその音楽世界を「森」、という一文字に込めている。この作者の小説に触れて最初に感じたのは、文章の丁寧さと、その丁寧な文体から溢れる瑞々しさだ。文章に癖がなく、また難しい単語などが使われることもないため、非常に読みやすい。文体に嘘の気配がなく、率直で素直な作者の人柄が感じられる。

 

そうして丹念に放たれる言葉だからこそ、不意にこちらの心に飛び込んでくる。本作のストーリーは高校在学中に世界的なピアノ調律師と出会った体験から、ピアノ調律師を志す主人公の成長記である。孤独な生活を続ける青年ピアニスト。天才的な才能を持つ双子の少女。そして世界定なピアノ調律師や職場の人々。

 

ピアノ調律を通して出会うさまざまな人々との出会いを通して、主人公は精神的にも技術的にも少しずつ成長していく。この主人公のひたむきな性格に好感を持てる。作者の宮下奈都さんの作品はこれ以外にも音楽が登場する作品が多い。連作の『喜びの歌』『終わらない歌』では歌手を目指す少女の物語を描き、『窓の外のガーシュウィン』にも作品の主題に深く関わる音楽が登場する。

 

あとがきによれば、宮下奈都さんは音楽の持つ力を強く信じているのだと言う。そのためか作中の音楽の描写は圧倒的だ。小説を読んでいるこちらにまで震えるような迫力が伝わってくる。印象的なシーンとして、孤独な生活を送っている青年ピアニストのシーンがある。ほこりにまみれ、窓を閉じ切った薄暗い部屋に置かれた古びたピアノ。

 

その部屋にただ一人で暮らす、どこか虚ろな表情をした青年。弦は錆び、汚れたピアノが主人公の手により汚れが落ち、錆びた弦が張り替えられ、丁寧に汚れが取り払われていく。文字通り甦ったピアノの盤に触れた青年の目がみるみる輝きを取り戻し、興奮した様子で子犬のワルツを弾き始める。ホールで聴くピアノではない。CDで聴く音楽とも違う。

 

ただ、彼のためだけの圧倒的なピアノ。このシーンには震えるほどの感動を味わった。本屋大賞に選ばれただけあって、なかなか読み応えのある小説を味わうことができた。

 

(30代男性)


 

 

 

羊と鋼の森は、北海道の山で生まれ育った平凡な主人公が、高校生時代に高校の体育館で、ある調律師に出会い、ピアノの音色に魅せられて調律師を目指すところから始まるお話しである。私は子供の頃からピアノをやっていて、ピアノ自体も好きだが、その調律にも興味があったので、羊と鋼の森は、調律師のお話しだということですぐに手に取って読んでみた。

 

まず、この本全体に流れる、静かで穏やかで繊細な空気が読んでいてとても心地良い。登場人物も多すぎず、個性も豊かなので愛着がもてた。登場人物の役割もわかりやすく、主人公が見習いの時に師匠役となった頼れる兄貴的な存在であったり、昔ピアニストを目指したものの挫折して調律師になった実力はあるがひねくれている者、寡黙だが有名アーティストのコンサートにも調律に出向く凄腕の調律師であったりと、それぞれが個性豊かで話の中に引き込まれていく。

 

そして、私が羊と鋼の森を読んでいて一番感動したのが、ピアノの音や音楽を、とても美しく頭の中にも音楽が聴こえてきそうな文章表現である。この豊かでアーティスティックな文章表現で、文字を読んでいるだけなのに、頭の中に音楽が流れてくるので、本を読んでいて本当に感動した。文章だけでこうも伝えられるものなのかと。

 

特に、音楽だけでなく、調律を行う際のピアノの鍵盤を1つ、ポーンと鳴らす、その一音でさえ、情緒豊かに表現するその文章構築能力には、もう尊敬の念を感じる。羊と鋼の森、と名前が不思議な本であるが、読み進めていくと、その題名の意味がわかる。全てピアノに関する言葉なのだ。この本全体にピアノの音色が流れているかのように、ピアノの調律に関する話のみで本全体が構築されている。

 

だが、ピアノに詳しくなくても、ピアノが全く弾けなくても、特に専門用語が出てくるわけではないので、問題なく読むことができるだろう。だが、私は子供の頃からピアノをやっていて、さらに調律に関してもある程度知識があったので、さらに情景が目に浮かび、さらにこの話にのめり込むことができた。

 

本の読み始めから、読み終わりまで、飽きることは一度もなく、一気に読み切ってしまった。そして、読み終わった後も、もっとこの羊と鋼の森の世界にいたかったと名残惜しくなるくらい、とても心地の良い読書体験だった。

 

(30代男性)

 

 

 

 

 

羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)

posted with amazlet at 18.07.16
宮下 奈都
文藝春秋 (2018-02-09)
売り上げランキング: 120

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

宮下奈都作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする