読書感想文「沈黙(遠藤周作)」

映画化で話題になり、とても古い作品なのに高い評価がある事に興味を持ち、今回読んでみようと思った。古い作品なので多少の抵抗があったが、読み出すと面白くすぐ読み終わっていた。内容は、日本のキリスト教徒迫害のものだ。学生の頃、授業で勉強した程度で深く知らない事が多い内容だ。

 

どのような気持ちで、ポルトガル人が日本に来たのか、迫害され続けてもなお神を信じ続ける日本人の気持ち、今の現状強く宗教を信仰する傾向が薄い日本にとって、とても興味深いものだ。ポルトガルからガルぺとロドリゴが、先に日本に行った神父達の連絡が途絶え、キリスト教徒や神父が迫害や虐殺されているのを知りながらも、キリスト教布教の為に日本に渡ろうとするのだ。

 

ポルトガルにいた唯一の日本人キチジローを案内人として、日本に向けポルトガルを出航する。キチジローは、ずる賢い人間で幾度となく神父達を裏切り、キリスト教徒の拷問からも、うまく逃げるのだ。私は、読んでいてキチジローが凄く嫌だ。まわりの人間は、拷問を受けようとも神を信じ続け、死んでも神と共に生きれると信じ、死ぬ事も躊躇わない気持ちが、読んでいて当たり前に感じていた。

 

読み進めていくうちに、生きる事と信仰する事とどちらが本当に大事な事なのか、神父も神に問いますが、神は沈黙するのだ。神父達が決断を迫られ神に問うが、神は沈黙を貫き通す事と拷問の最中、それでも神父達は信仰を辞めることはなかった。だが信仰は、心の中でも出来ると気付くのです。

 

自分が何を着て、何を食べて、どんな生活をしている事が信仰に対して、大事な事ではない事に神父達が気がついた時、神父はキリスト教の信仰を辞めるのだ。そして日本人の名をもらい、日本人として生きていくのだ。仕事もキリスト教を撲滅する様な内容ばかりだ。私は、日本人としてこのストリーを読みながらも、日本人がとても嫌な人種に感じた。

 

そしてこの作者が日本人である事も驚いた事だ。外人を悪く書くことも日本人を悪く書くこともしていないが、読み手の考え一つで、善と悪が変わる面白い作品だと思った。

 

(20代女性)

 

 

最近、映画にもなった作品である。日本が鎖国していた時代の宣教師側から見た日本の民衆の宗教に対しての反応を表現しているが最後は宣教師自身が日本の混沌とした風土に染まりかけ民衆を諭す側が諭され、自分の信仰に自信を無くしていくさまが描かれている。

 

遠藤周作自身カトリック教徒であり、フランスに留学した経験を持っている為、私は宣教師自身が遠藤周作自身の経験した葛藤を表現しているのではないかと感じた。鎖国当時の日本は単一民族で均一な社会に見られがちであるが地方ではそれぞれの地域的な文化が育まれていた。

 

それと同じように西洋もそれぞれの地域で独自の文化があり多様である。11歳でカトリックの洗礼をうけている作者は、日本で見聞きした西洋文化と実際フランスに留学して実際に触れる西洋文化に宗教を通して日本文化と西洋文化との違いを実際に触れることで何かこの作品を生んだきっかけがあったのではないかと感じる。

 

フランスはヨーロッパの中でもフランス革命があったように民衆の力によって時の政権が変わった国である、それに対し、日本は、民衆の力で政権が変わったのではなく、外国の圧力により時の政権が変わった文化である。そこでの宗教観はまた日本での宗教観と違ったものであり、留学の体験からキリスト教文化圏と仏教文化圏の人々の思いの違いをこの作品で表現しているようにように私には感じてしまう。

 

この作品で宣教師が自分が布教活動することで、民衆が当時の幕府から仕打ちを受けそれでも信仰を信じようとする人々に自分の行為が本当に正しいのか葛藤する様は良く描かれていて読みごたえがあった。

 

宣教師はポルトガル人ですが、民衆が苦しんでいるのにどうこたえて行けば良いか宣教師が葛藤している時になぜ、神は導きを与えてくれず沈黙したままなのかと言う宣教師自体が信仰に疑問を感じ始めるところなどは悩み事を抱えていたり、なかなか治らない病気を持っていたりなど、物事に生行き詰った時に誰もが感じることを宣教師という立場で描いているように思う。

 

時代背景的に見た場合、当時の幕府からの民衆への締め付けに対して自由を求めて島原の乱などが起こっているが幕府側の鎮圧は厳しくフランス革命のようにはいかず失敗している。失敗した代償はさらなる締め付けを生み出すことになり、神を信仰していれば人々は救われると問うてきた宣教師自身に戸惑いが生まれることになる。

 

島国の日本にとって民衆を統制することは当時としてはそれだけ重要視されていたことであったのであろうとおもわれる。

 

(40代女性)

 

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

 

コメントを残す

シェアする