感想ライブラリー

読書感想文「白銀ジャック(東野圭吾)」

疾走感を持って一気に読める。この本を読み終えたときの感想だ。主人公はゲレンデを見回るパトロール。それだけですでにちょっとかっこいい。すでにちょっと羨ましい。そんな主人公が、ゲレンデに爆弾が仕掛けられたという事件に巻き込ま […]

続きを読む

読書感想文「河童が覗いたニッポン(妹尾河童)」

この妹尾河童さんの書いた本は本というより図説付きの解説書といったほうが正しいかもしれない。まず一番驚くのはよくここまで観察し描けたと誰もが感心するほど細密な絵である。俯瞰図も多様され、立体的で描かれた図がまるで目の前にあ […]

続きを読む

読書感想文「憑神(浅田次郎)」

憑神(つきがみ)、何に憑かれるのかというと、貧乏神、疫病神、死神である。ひとつだけでも大変なのに、主人公の別所彦四郎のもとに人にとって禍でしかない神様が三人もやってくる。人徳があり能力のある人間が必ずしも優遇されるとは限 […]

続きを読む

読書感想文「〔よりぬき〕今日もていねいに。BEST10[…]

すごく勉強になった。著者が生きて来た中での気づきが101項目書いてある。この本を読んで特に私が勉強になると感じた項目は以下の3つである。まず、新しい自分を見つける近道であること。   いつも新しい自分を模索した […]

続きを読む

読書感想文「幕末史(半藤一利)」

ペリー来航から明治維新にいたる幕末の歴史というのは、以前「竜馬がゆく」をはじめ、司馬遼太郎の歴史小説を一通り読んでいたので知っていたつもりだったが、それも中学生の頃で、もうウン十年経過している。   忘れている […]

続きを読む

読書感想文「残酷な夜(ジム・トンプスン)」

これは「生と死」の物語である。トンプスンはこう言っているはずだ。「生こそ死であり、死こそ生である。」と。主人公のビゲロウは殺し屋だ。だが一見するとそうは見えない。身体は小さくティーンエイジャーのような顔つき。だが彼は最高 […]

続きを読む

読書感想文「建築家、走る(隈研吾)」

「イメージは、人間の日常を支えたり、命守ったりはしない」この言葉はこの本に書かれている。なぜこの言葉が好きかというと、去年に起こった問題のマンションの杭打ちデータ偽装問題で、消費者側ももっと賢く物件選びをしなければならな […]

続きを読む

読書感想文「はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)」

人が本を好きになる理由は様々だ。私の場合は本を読むと世界が広がるし、知識が身につくというのが本を読む理由だが、ネバーエンディングストーリはそれまで読んだ本とは全く違う価値観を私に与えてくれた。   今まで私は本 […]

続きを読む

読書感想文「襲名犯(竹吉優輔)」

この本は2013年に単行本で発売され、2015年に文庫本で再刊されたもので、単行本も購入していた私としては、加筆修正部分が気になって読み進めた。もちろん、江戸川乱歩賞を受賞した作品であったこと、図書館で働いていたため、主 […]

続きを読む

読書感想文「奥能登に吹く殺意の風(西村京太郎)」

この本は西村京太郎さんのミステリー小説だが、序盤の北条早苗という女性刑事が、仕事に対してやりがいを見失ってしまう描写が非常に印象深い。刑事という仕事は傍から見るとやりがいの塊のような仕事に感じるし、スリリングで毎回違った […]

続きを読む