読書感想文「ツ、イ、ラ、ク(姫野カオルコ)」

この小説は、だいぶ前に1度読んだことがあって、そのときと最近とで読後の感想がだいぶ違う。昔読んだときは、主人公の早熟ぶりがいやらしいとか、そういうことしか感じなかった。主人公だけでなく他の人達のことも・・。
 
今読むと、こういう早熟な子はいるし、たまたまこの若さで両想いになれる相手に出会えた、というだけのことだと思う。ヒロインやその相手が追いつめられたのは、ただヒロインの年齢、14歳だからというだけ。
 
この小説の舞台が、私が小中学生時代を過ごしたところと雰囲気が近くて、よりリアルに感じながら読めた。残念ながら関東地方なので(小説は関西地方)、言葉が全然違う、もし私が関西地方で育っていたら、もっと身近に感じられただろうと思う。

 
 
小学生時代編で関東からの転校生が出てくるので、関東から関西へ転校すると、こういうふうに見られるのかと思った。すぐにまた別の学校に転校してしまうのだけど、後に思わぬところで再登場する、けっこう重要なキーパーソンだ。
 
ヒロインをとりまく同学年の女子や男子が、自分の周りにもいたなという子が多く、なかでもひとりは卒業後の人生も重なるくらい似ている。どちらかといえば嫌いな子だったけど、今どうしているのだろうかと思う。その子は同窓会サイトにも登録してないので何もわからない。
 
14歳の中学生の女子と若い教師との恋愛、もし私が中学生だったころにこういうことがあったら、私はどういう反応をしていただろうと考えている。こういうふうに考えるようになったことが、『ツ、イ、ラ、ク』の1番大きい効果だ。責める側になるのか、ヒロインを心配する側になるのか、無関心ではいられないのは確かだ。
 
ヒロインは、もし同級生だったとして友達にはならないタイプだけど、同性から見ても魅力的でけっこうもてる。こういう子をおもしろく思わない人もいるということも読んでいて思い出した。
 
中学生という年齢は、人としてかなりできあがっているころで、とくに女子は子供ではないとか、自分自身の中学生時代を振り返ってもそうだなと、それとくらべて男子は・・とか、何度も当時を振り返りながら読んだ。そして今も振り返っている・・、これはたぶん今年開催された、同窓会の影響かもしれない。
 
(40代女性)
 
 
[amazonjs asin=”4048734938″ locale=”JP” title=”ツ、イ、ラ、ク”]

 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シェアする