読書感想文「旅のラゴス(筒井康隆)」

人生は旅のようなもの、という比喩はよく目にする。実際にこの「旅のラゴス」は、ラゴスという主人公が現世とは違う不思議な世界を、人生をかけて旅していく物語である。特に筒井康隆ファンでもないので、だいぶ前に出版されたこの作品に接したのは近年の再評価後である。
 
巧みな文章はもちろん、量としてもさほど多くないので、一気に読み切ってしまった。私が特に印象に残っているのは、ラゴスが旅の道中野盗に囚われ、奴隷として働かされる場面である。奴隷とはいえ、ラゴスは持っている知識で鉱山の中でも指導的な立場となり、設備を改良したり、同じく囚われた美しい娘と結ばれたりして数年を過ごすことになる。
 
やがて野盗の頭目がいなくなると、ラゴスは周囲からその鉱山を取りまとめるよう周囲に勧められる。しかし、ラゴスは自身の目的が旅を続けることであることを告げ、共に過ごした娘と別れて歩み続けることになる。30代を過ぎると、この感覚がよくわかる。
 
日々は淡々と、あっという間に過ぎていくのだ。望んだものであろうが、望まないものであろうが、働いていれば時間は年単位でどんどん過ぎていく。そしてそこにいる自分に満足してしまう。ましてや支えるべき家族ができれば、自分一人の意思で環境を変えることなど不可能だ。そして、自分の限界を知って受け入れることも、大人になることだと思ってもいる。
 
そこをラゴスは静かに越えていく。決して感情を露わにすることはないが、旅を続ける意思は揺るぐことがない。鉱山に留まり、たくさんの人を使って、幸せな家庭を築いてもよかったはずだ。しかし彼は歩みを止めない。言動からはあまり感じられないが、ラゴスは実にエゴイスティックな男なのである。
 
このエピソードは旅の前半で、この後もラゴスには楽しいことも苦しいことも襲い掛かる。だがラゴスは旅を続ける。目的に一切のブレがない。じゃあラゴスは嫌われるのか、というとそうではない。むしろ道中では、男女問わずラゴスに魅せられる人物の方が多い。覚悟を持った人間は、本人にその気がなくても周りを引き付けるものである、というのは現実の世の中でも同じなのだろう。
 
もちろんSFの大家である著者の発想は、今作でも読者を楽しませてくれる。もっと若い時にこの作品に出合っていれば、私もそこに注目したのかもしれない。だが、社会に出て齢三十を超えた今、この作品を読んで思うことはラゴスの静かな強さ、である。今どのような状況にあっても、人生という旅は続く。終わるその瞬間まで、私もあきらめずに歩み続けたいと思う。
 
(30代男性)


 

 
 
わたしは旅行することが大好きである。何か冒険心をくすぐられるような本に出会えないだろうかと思っていたところ、この本を見つけた。わたしはこの本をネットの口コミから見つけたのだが、その口コミによると、この本は比較的昔のものだが、最近謎のヒットを叩きだしているという。
 
確かに、30年ほど昔に出版されたものなのだが、その後わたしも本屋で何度か目にし、興味深かったので購入したのである。比較的薄い本なので、何も得られず、さらっと読み終えてしまったらどうしようと思いつつも読み始めた。すると、これが本当に面白い。
 
こんな薄い本のなかにどうしたらこれほどまでに果てし無く壮大な冒険を詰め込めるのか。驚くばかりである。この本の魅力はなんだろうか。まず、主人公のラゴスが、魅力的である。誠実で頼もしい彼は、奴隷になったり王様になりかけたり、それはもうさまざまな経験をしながら年を重ねて行く。
 
そして、主人公の周りの登場人物たちも非常に愉快でチャーミングである。そして、ラゴスは北から南のいろいろな世界を旅するので、さまざまな出会いと別れを経験する。そこで生まれた交流が、のちにまた別のところで再開したりするのがまた面白い。この本を他の本と比べて見たときに気づくのは、時の流れ方の違いである。
 
たいていの話は、短めなスパンで物語が展開していく。または、10年後、20年後などという言葉を使って、途中は省かれることが多い。しかし、この「旅のラゴス」では、ラゴスという1人の男の人生を一冊を通して細かく追っている。
 
わたしが今まで読んでいた多くの本は、主人公は自分とほぼ同世代のものばかりだったので、自分よりかなり年上の人が主人公になった物語を読むのはとても面白かった。どこにいても、冒険をしている気分にさせてくれる本だ。
 
(20代女性)
 
 
 
 

旅のラゴス (新潮文庫)
旅のラゴス (新潮文庫)

posted with amazlet at 19.05.06
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 8,093

 
[sc:post-under-massage ]

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする