感想ライブラリー

読書感想文「シアター! (有川浩)」

誰が読んでも、すっごくわかりやすく面白い本である。私だけじゃなく、息子(中学2年生)もどストライクだったみたいで、友達にもすすめて面白かったっていわれた!と得意げ。普段、わたしたちがあまりふれることにない”劇団”の話。 […]

続きを読む

読書感想文「お役所の掟―ぶっとび霞が関事情(宮本政於)[…]

精神分析医の宮本政於氏が、十年余りのアメリカ生活を経て日本に戻り、厚生省に入省した際の体験を赤裸々につづった体験記です。ベストセラーにもなったこの本は英語をはじめドイツ語、フランス語など各国語に翻訳され世界中に大きな反響 […]

続きを読む

読書感想文「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生[…]

子供がママのもとに生まれる前の記憶や、お腹の中で過ごした胎内記憶が残っている子供がいることをこの本を通じて知り、とても興味をもちました。   複数の子供が生まれる前は、沢山の赤ちゃん達と一緒にお空の上からどのマ […]

続きを読む

読書感想文「AMEBIC(金原ひとみ)」

この本を初めて読んだ時、わたしは主人公である「私」と同年代の女だった。もちろんわたしは「私」のように売れっ子の作家でもなければ、「私」が言う「普通にものを食うデブ」であり、婚約者のいる男となど付き合っていなかったけれど、 […]

続きを読む

読書感想文「暴走育児―夫の知らない妻と子のスウィートホ[…]

ただ今、育児真っ只中にある私は育児や教育についての本を貪るように読んでいるところだ。その中で出会ったのが本書である。育児が暴走、虐待やネグレクトに関しての内容だろうか?しかし、副題の『夫が知らない妻と子のスィートホーム』 […]

続きを読む

読書感想文「教団X(中村文則)」

この本の一番の魅力的な所は読んだ自分が洗脳されてしまうところである。話の内容は謎のカルト集団と男女四人がどういう風になっていくのかである。この本の話には、宗教、戦争など様々な悲しい話も入ってくるので、読んでいて少々苦痛を […]

続きを読む

読書感想文「夏の庭―The Friends(湯本香樹実[…]

私はこの本を通して生きることの意味、出会いの大切さ、今現在を精一杯生きることを学ぶことができた。児童書だけど大人も学ぶことがたくさんある本だ。小学六年生の木山、山下、河辺の三人が町外れに暮らしている一人の老人を観察し、生 […]

続きを読む

読書感想文「“It(それ)”と呼ばれた子(デイヴ・ペル[…]

私がこの本と最初に出会ったのは中学生の頃である。まだ、世の中でも「虐待」という言葉がそれほど浸透されておらず、読み終えた時の悲しみとあのどうしようもなくやり場のない怒りの感情を大人になった今でも覚えている。   […]

続きを読む

読書感想文「同級生(東野圭吾)」

高校生のときをなつかしく思いながら一気に読み終えた作品だった。一部の学生は教師のやり方に満足しているが、不満をもっている学生も多くいる。だがしかしその不満をなかなか爆発させることはできない。   しかし誰か一人 […]

続きを読む

読書感想文「光(三浦しをん)」

三浦しをんの作品は、小説もエッセイも複数読んだことがあった。そして『光』を読み、予想外の雰囲気に驚いてしまった。なぜなら、三浦しをんの小説とは思えないほど、暗く思い内容だったからだ。他の小説は、どちらかと言うと軽快で、笑 […]

続きを読む