感想ライブラリー

読書感想文「存在の耐えられない軽さ(ミラン・クンデラ)[…]

一見、小説とは思われないようなタイトルである。実際、内容もすこし哲学書のような印象を受ける。しかし読んでいくと、これはれっきとした純粋小説であるということがわかる。章は7つに分かれているが、第一部の「軽さと重さ」というパ […]

続きを読む

読書感想文「長いお別れ(レイモンド・チャンドラー)」

この本は本当に男のダンディズムを描いた名作とも言えるハードボイルド小説だ。この小説の主人公フィリップ・マーロウは男っぽくて権力に屈さず、思いやりがあり、友情を大切にする、男なら誰もが憧れる人物だ。   このマー […]

続きを読む

読書感想文「勉強がしたくてたまらなくなる本(廣政愁一)[…]

東進スクールで有名講師であった廣政愁一先生の実経験から生み出された勉強したくなる方法が書かれている。図書館で何気なく、本を眺めていると【勉強したくてたまらなくなる本】とどんな本かと想像を膨らませる前に脳に届いたこの言葉。 […]

続きを読む

読書感想文「鳩の栖(長野まゆみ)」

他界した父の再婚相手と暮らす寧(やすし)が、実母の生家で育った兄と再会し、実母への思慮を募らせる「夏緑陰」。母方の叔母の元へ養子に出された次兄と末弟の関係を描いた「栗樹―カスタネア―」。姉亡き後、その夫と共に生活する少年 […]

続きを読む

読書感想文「アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイス)[…]

この本を読んでみて最初に感じたことは人の幸せとは何か、人生や人そのものについて多くを考えさせられる作品だ。本を読みながら考えたりする作品は多くあるが、何年たってもこの本は私に考えることの刺激を与えてくれている、ただ感動し […]

続きを読む

読書感想文「蹴りたい背中(綿矢りさ)」

縦読みの恋愛小説を読んだことが無く、縦読みの恋愛小説を本屋さんで探したときにこの小説に出会った。最初、この話を読み終わった時の感想は不思議の一言だった。出てくる人物や行動、結果などが全て不思議に終わったからだ。そして、も […]

続きを読む

読書感想文「奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝(ヘレン ケラ[…]

私は生涯の中で最高の一冊であると思う本がある。それが、「奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝」である。ヘレン・ケラーという人物は、言わずと知れた有名人だが、その人生の物語の詳細を正しく知っている人はあまりいないのではないかと思う […]

続きを読む

読書感想文「ダレン・シャン(ダレン・シャン)」

私が中学生のころ、学校の図書室で大流行した本がある。「ダレン・シャン」という本で、海外の翻訳ものである。私は翻訳ものはあまりなじめなかったが、このシリーズだけはのめり込むようにして読んだものだ。当時の私は、部活の部長とし […]

続きを読む

読書感想文「獣の奏者(上橋菜穂子)」

児童文学のファンタジーとあなどってはいけない。ある特殊な血筋を引いた女性が、数奇な運命に流されて行きながら、自分の進みたい道を自ら選んで行く。壁にぶつかり、挫折し、悩み、女性としての幸せや、民族のタブーの間で揺れながら生 […]

続きを読む

読書感想文「舟を編む(三浦しをん)」

小泉政権の痛みを伴う改革に端を発した雇用不安定。非正規雇用全盛の現代、私も非正規雇用者の一員だ。将来の先行きが見えない現状、私がいなくても、私の仕事を誰かがし、滞りなく世界は回っていくのだと思っている。そこに一筋の光をあ […]

続きを読む