感想ライブラリー

読書感想文「ぼくがぼくであること(山中恒)」

主人公の秀一は、いつも母親から「あんたはダメだ」と怒られてばかりだ。真面目で頼りない父に生意気な妹、出来の良い兄が二人の家族の中で秀一はうんざりしていた。秀一は何をしても疑われて怒られる。褒められる事を知らない子供である […]

続きを読む

読書感想文「ラディゲの死(三島由紀夫)」

三島由紀夫という作家は、日本ではなくヨーロッパに生を受けていれば今も自殺することなく飄々と作家活動を続けていただろうと思う。彼の戯曲や小説にある素晴らしいロジックや構成力は、いまだ国際的に優れた哲学者がいない日本では、正 […]

続きを読む

読書感想文「SPEED(金城一紀)」

たとえ頭では理解できても、心で納得できないなら抗えばいい。この本を読んで得たものは、シンプルだけど、とても大事なことだ。大人になって社会に出れば、学生の時よりも理不尽なことは嫌というほど増える。それにいちいち異を唱えたり […]

続きを読む

読書感想文「本屋さんのダイアナ(柚木麻子)」

小学生から就職し成人になるまでの過程で色々な事が起こり、感じる事や考え悩む部分が30代になった今はとても懐かしく感じる。小学生、中学生、高校生と成長していく中には誰でも色々な悩みや葛藤を感じていたと思う。いつの間にかそう […]

続きを読む

読書感想文「ふしぎなともだち(サイモン・ジェームズ)」

「ふしぎなともだち」は、私が小学校を転校した時に母が買ったくれた本で今でも大切にもっている。誰でも幼いころは友達とケンカをしたり一緒に遊んだりするものである。私もこの主人公のよう、自分の頭の中で架空の友人をつくっていたこ […]

続きを読む

読書感想文「太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編[…]

この「太平洋戦争最後の証言」シリーズは第一部から第三部まであり、私がもっとも壮絶で心に響いたのが第二部の陸軍玉砕編である。この本の内容は実際に戦地から帰還された元日本兵の方々の生の証言をまとめたものであるため、すごく生々 […]

続きを読む

読書感想文「格差と貧困のないデンマーク(千葉忠夫)」

自律した大人とはどういう存在であるか。二十歳を過ぎてからこの国では「成人」という事になり、様々な禁止事項が解禁され、同時に義務も発生するが、私はどうしてもこの制度が納得できなかった。実年齢というだけで責任がとれる大人にな […]

続きを読む

読書感想文「武道館(朝井リョウ)」

「「正しい選択」なんてこの世にない。たぶん、正しかった選択、しか、ないんだよ」人は誰でも選択をしながら生きている。そして多くの人は「正しい選択」をしようとして生きているのだろう。そのために多少無理をしたり、自分の大事なも […]

続きを読む

読書感想文「真夏の方程式(東野圭吾)」

主人公はガリレオこと湯川学、職業は大学の物理学科の准教授だ。この物語を読み、湯川は単に頭でっかちな大学教授などではなく子供心まで細心の注意が払える優しい人間なんだなと思った。物語の中で温泉宿の主人の甥っ子が出てくるが、半 […]

続きを読む

読書感想文「夢は宣言すると叶う(祐川京子)」

この本を読んで、普段あまり考えることのない「あなたは将来どうなりたいですか」この問いかけに、答えられない自分がいた。「90歳の時あなたはどうしていますか」や「他人に与えるバリューはありますか」「モデルにしている人物はいま […]

続きを読む