読書感想文「うまくいっている人の考え方(ジェリー・ミンチントン)」

私はこの数多くを語らない、空白の多い本に流れる空気がとても爽快で、若々しく活力に満ちていると感じた。この本と向き合ってまだ2か月も経っていない。けれども花を生けるように日々水を手向けてやると、この本に生けられた言葉たちはどんどん元気になっていく。

 

この本に書かれている全ての言葉は、「尊敬」に満ちている。それは読者一人に語り掛けているようで、実はこの世に存在する全ての事象に対しての、ただそこにあるという「存在」することへの尊敬なのだ。

 

私たちが感じるこの世界は、私たちそれぞれの感覚によって感じ方が違うのだから、本当は誰も同じ世界を共有することは出来ないのかもしれない。だがそれはつまり、誰もがそれぞれ「自分だけの世界」を持っていることを示している。せっかく「自分だけの世界」を感じることが出来るのだから、その世界をもっと美しく、優しい世界にしてもいいんじゃないか。

 

この本は、そんな「自己愛」と「世界への愛」とをリンクさせる役目をはたしているように感じた。もう語ることはないのだが敢えて言葉を重ねるなら、私はこの本を愛している。何故ならこの本は多くのやわらかな言葉を私に囁き、私のことを愛してくれているからだ。その言葉一つ一つには取り立てて特別なことなど書いていないし、誰もが今までに言われたことのある言葉だろう。

 

けれどもこの本は思いやりに満ちた性格をしている。心のどこかで言われたかった言葉を取り揃え、優しく自立を促すように読者の心になびかせる。もちろんこの言葉たちが心に変化を与えられないこともある。しかし確実に、そっと心に置いておけば言葉たちは自然にその愛を芽生えさせていき綺麗な花を咲かせる。

 

この言葉たちは、自力で成長する力はそこまで強くない。愛をもって言葉に臨み、勇気をもって励まさねば育たないのだ。だが与えたはずの愛が、いつの間にか与えられていることに気付く。そう、自らが認知する世界とはそのようにして生まれ変わっていくのだ。この言葉たちは私の世界をより良くしようとする私の部下にして、世界の調整役なのだ。

 

私は「彼」を「本」として考えているのか怪しいものだ。彼は私の心の中に住み、私の世界を一緒に創りあげているのだから。私の一部と言ってもいい。彼に出会ってからは、私の世界の晴れの日が少し増えた。手をとりあって助け合うパートナーがいるというのは心強いものだ。

 

彼は多くのことを表してくれた。「私の世界」を大切にするということは私を大切にすることと同義であること、つまり私とは私の世界であるということ。世界を大切にするために私の健康を守るべきであるということ。この世界には私の恐るべき敵などいないということ。

 

人はみな、勇敢になれる。何故なら誰もが全ての結果を許容することが出来るからだ。彼が生み出した言葉たちはたった52に満たないが、それらが私の心の中で芽を出し大変絢爛なことになっている。今後も彼の活躍に期待している。

 

(20代男性)


 

 

 

 

「うまくいっている人の考え方」というとても興味深く目を惹くタイトルの本が、本屋さんの入り口に山積みになっていた。帯には「50万部突破のベスト&ロングセラー」とも書かれている。気になって本を手に取り、その場で読み始めた。己の心の持ち方・在り方をいかにコントロールして、人生の達人になるのか、そういったヒントが100書かれてあり、なぜそうなのか、分かりやすい解説も書かれている。

 

立ち読みでなくじっくりと読んでみたいと思い、購入に至った。あらすじ:100の「人生の達人になるためのヒント」が書かれている。そこに一貫しているのは、自尊心をいかに高めるか=いかに自分を大切にすることの出来る人間になれるか、という事である。読み進めているうちに、「なるほど・・・」と納得させられる事や、「そんな訳はない。

 

私は決してそんな事は無い」といった拒絶というか、耳を塞ぎたくなる事、恐らく、そこに何かを乗り越えるヒントがあるのだからこそ、自分の中で引っかかり拒絶反応が生じるのだと思う。多くの人が成長に伴って、自尊心を低くしてしまっていて、その事で色々な事がうまくいかない、自分で自分を苦しめているのにその事にも気付かないといった悪循環が繰り返される。

 

ますますひずみにはまっていくという事を筆者は観察しており、客観的に自分の考え方の悪習慣を見つめ直す事が出来るように、非常に丁寧に各ヒントに沿って書かれているので、誰が読んでもなにかしらの収穫があるといえる。読み手を責める様な上から口調では決してなく、むしろ、読み手への愛情をも感じられるので、ジェリー・ミンチントンという外国人の著者に対して、読み進めるうちに好意と親しみを感じる事ができた。

 

読んで終わるという本ではなく、読みながら、書かれてある事を実践する事によって効果が得られると書いてあるので、ゆっくりと読み進めた。他にもこういった類の、自己啓発書を著者は執筆しているとアマゾンの書評で見た際に書いてあったので、また機会があれば読んでみたいと思っている。

 

(30代女性)

 

 

 

 

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
ジェリー・ミンチントン
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013-04-27)
売り上げランキング: 7,662

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

ジェリー・ミンチントン作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする