読書感想文「母さんがどんなに僕を嫌いでも(歌川たいじ)」

著者歌川たいじの自伝的小説。母親に虐待されても、ばあちゃんや友人たちによって自我を確立し、母親と向き合い、親子としての関係を修復していく話。主人公の自宅で両親が工場を営んでいて、そこに勤めに来ているばあちゃんが、主人公を自分の本当の孫のようにかわいがっている。

 

主人公は、母親が父親と上手くいかずイライラすると、母親に豚などと暴言を吐かれたり、たたかれたりと虐待を受けている。私自身、過去に短気でカッとなって子供に暴言を吐いたり、手を挙げてしまったりしたことがあるので、自分の姿が映し出されているようで、胸が痛んだ。父親と離婚後、彼氏は出来るも別れるたびに、情緒不安定な母親の虐待はエスカレート。

 

 

 

母親に包丁で切り付けられ、主人公は家出する。その後、社会人になった主人公は、友人に恵まれ、少しずつ自我を確立していく。その頃、ばあちゃんが病に伏したと知り、見舞いに行った際、自分は豚だからと自虐して心を保っている主人公に対し、ばあちゃんが、たいちゃんは豚じゃないって言ってと言うと、主人公が泣きながら僕は豚じゃないと何度も言う。

 

こうして、主人公は少しずつ自尊心を取り戻していく。そんな時に、音信不通であった母親から連絡が。晩年の母親は、自分を愛してくれた男によって、精神的に落ち着いていた。この母親だけに限らないけれど、人間は、どんな自分でも認めてくれて、愛してくれる存在が必要なんだと思う。

 

でも、子供にしたら、どんなに自分勝手な人でも自分のお母さんであって、嫌いになれないんだと思う。主人公は、母親にどんなにひどい扱いを受けても、母親を見捨てなかった。最後に、あんたがいてくれてよかったと言った母親の言葉は本物だと思う。この時、やっと親子になれたのかなと思った。子供を産んだら、突然母親になる。

 

でも、いくら育児書を見て勉強していても、生まれたら初めてのことだらけで、母親も不安でいっぱいだ。そんな時、父親とも上手くいかないと、情緒不安定になって自分より弱い立場の子どもに感情をぶつけてしまう。いけないこととはわかっているけれど、人間は弱いから同じことを繰り返す。そして、後悔と自責の念にかられる。

 

子育てには常に悩みや不安、葛藤がつきないが、それでも産んだ責任はきちんととらなくてはいけないと思う。子供を持った一人の母親として、痛感した小説であった。

 

(40代女性)

 

 

 

新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも
歌川 たいじ
KADOKAWA (2018-06-30)
売り上げランキング: 53,727

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

歌川たいじ作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする