読書感想文「13階段(高野和明)」

何か面白い推理小説がないかと本屋でうろうろしていたところこの本に出会った。惹かれたきっかけは帯に書かれてていた江戸川乱歩賞受賞の文字だった。権威ある推理小説の賞で多くの有名作家が選考に携わっているのでこれは良さそうと思った。映像化もされたためタイトルは知っていたが読むのは初めてだった。読んだ感想としてはとても面白かった。冤罪で投獄された無実の死刑囚を助けるため刑務官と仮釈放中の少年が事件を追うのだが、物語が進むにつれ事件の難解さが明らかになり登場人物たちと一緒に読んでいるこっちもドキドキはらはらした。

 

真犯人は誰なのか、この作品の最大の焦点はそこなのだがそれと同時に日本における死刑制度の実態も学ぶことができ非常に興味深かった。制度自体はあることは知っていてもそれがどういう過程で進むのか、実際の執行の場面はどのようなものなのか、おそらく作者はかなりの情報を研究したと思われるが死刑執行について書かれている小説としてもかなり詳しいほうだと思う。13階段といえば死刑囚が上る階段の数だと思い込んでいたがそうではなく、死刑が執行されるまでに13の項目があるということだった。一般の人が間違えがちな事をタイトルに持ってくるタイトルのつけ方にもセンスを感じる。

 

 

物語は二転三転して最後まで誰が犯人なのかが全く分からない。だがそこは推理小説らしくヒントは確かにあるので一緒に推理しながら読み進めていくことはできる。特筆すべきは登場人物達の心理描写、刑務官と仮出所の少年という正反対の者の視点から事件をおうというのが面白くそれぞれの着眼点なんかも違っていて凸凹コンビながらいい仕事をしている。ある意味非日常でありながら確かにそこにある死刑という制度を土台としているので何か言いしれぬ闇と恐ろしさを感じる作品だった。そうだったのか、知らなかったと思う事柄が多く、自分には関係のないことだと思っていたことが確かに自分の世界にあるのだなぁと感じた。

 

(30代女性)

 

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)

posted with amazlet at 18.07.15
高野 和明
講談社
売り上げランキング: 2,323

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

高野和明作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする