読書感想文「夫のちんぽが入らない(こだま)」

「夫のちんぽが入らない」という書名、間違っても書店員に問い合わせはできまい。しかし強烈に頭に残るそのフレーズに、私は惹きつけられずにはいられなかった。人には様々な生き方があるということは、誰もが知っていることである。だが、それを本当の意味で理解することはたやすいことではない。

 

他人にとっての「普通」を押し付けられ、苦しい思いをするということは、私にも経験がある。他人の「普通は〜だよ」という一言にはらわたが煮え繰り返るような日もある。「普通」はそうだからなんなのだ。だいたい「普通」とは誰が決めたのか。そんな適当な他人の主観で自分の人生を汚されてたまるか、と。

 

 

今の時代は特に「普通」という枠に当てはめて話すこと自体が滑稽である。働き方はさまざまであるし、女性の社会進出は増加し、セクシャルマイノリティーへの理解や、個人の生き方は多種多様になった。著者であるこだま氏は、夫とどうしても「できない」ことに対して悩み、あがいている。

 

いちばん近い存在とも言える家族になった夫との夫婦の営みが成立しないということは、肉体的、精神的に著者を追い詰める。他人の何気ない一言にさえも、憤りややるせなさを感じている。この本の結末は、問題が解決するというものではないので、スッキリする終わり方とは言えないかもしれない。しかし私にとっては納得する終わり方だった。

 

そういうものが人生だろう。わかりやすく問題が解決するのは、ドラマや映画の中のみだ。実際は人間関係や仕事、家族の悩みはなかなか解決しない。学校の勉強のように正解がないからだ。それでも私たちは手探りでもがくように生きていくしかないのだ。悩み、迷い、傷つき、傷つけられて、それでも生活していく。

 

そして、そんな私たちだからこそ、お互いに思いやり、理解しあい、寄り添っていくことが大切なのではないだろうか。誰しもが、人には見せない部分があり、その人の今までの決断すべての結果として、そこに存在しているのである。軽々しく他人の生き方に異を唱えることは、想像力の欠如である。そんなことが平気でできる自分ではありたくないものである。

 

(20代女性)

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

 

コメントを残す

シェアする