感想ライブラリー

読書感想文「薄情(絲山秋子)」

舞台は群馬でドライブシーンが出てくるといえば、まず思い浮かぶのは絲山作品である。作家のホームともいえる群馬を舞台に、地方と都市との関係、人と人の距離感をうまく描きだしている。文体は三人称でありながら、宇田川の心の中の描写 […]

続きを読む

読書感想文「邪宗門の惨劇(吉村達也)」

この本は、吉村達也著作のミステリー小説の代表作である朝比奈耕作の番外編のようなものである。主人公朝比奈耕作はミステリー作家なのだが、彼のもとに中学時代の同級生の女子から不可思議な手紙が送られてくる。その内容は整然とした中 […]

続きを読む

読書感想文「世界を7で数えたら(ホリー・ゴールドバーグ[…]

ヤングアダルトに分類される小説であるものの、文章に説得力があり、最後まで読み切った。2人の友人に勧めたところ、2人とも気に入ってくれた。悲劇的な展開を好まない友人でさえも、主人公ウィローの両親が死んでしまう話を素晴らしく […]

続きを読む

読書感想文「宮本武蔵(吉川英治)」

吉川英治著作の宮本武蔵という小説を読んだ。昭和の文豪、吉川英治の作品は没後50年が経過していることから、今ではすべて青空文庫で読むことができる。キンドルを使用しているならば、Amazonのキンドルストアから無料で購入でき […]

続きを読む

読書感想文「銀河不動産の超越(森博嗣)」

小説の中でも、森博嗣の作品が最も好きだ。というのも、その情景のテイストと文章構成のマッチングが最高に感じるからだ。中でもこの『銀河不動産の超越』は突出していて好きだ。基本的にミステリが多いのに、文芸的であり私小説であり物 […]

続きを読む

読書感想文「鬼平犯科帳(池波正太郎)」

最近読み返して、「やっぱり面白い」と唸ったのが、かの名作「鬼平犯科帳」だ。江戸時代の「火付盗賊改方」、つまり犯罪を取り締まる機関のトップである、長谷川平蔵が主人公。彼は若い頃は義母に苛められ、グレて、相当なワルだった時期 […]

続きを読む

読書感想文「おらおらでひとりいぐも(若竹千佐子)」

七十代半ばの、傍から見ると認知症が始まっていると思われてしまいそうな「桃子さん」の話だ。頭の中の様々な声と共に一人暮らしを送っているのだが、その声の持ち主は子供の頃から少し前までの桃子さん自身や、亡くなった夫である。声は […]

続きを読む

読書感想文「乳房(池波正太郎)」

池波正太郎先生の「鬼平犯科帳」が好きで、この本は鬼平世界と繋がっていると聞き手に取った。だが本作の主人公は、鬼の平蔵ではない。彼は狂言廻しのような、ささやかな役回り。主人公は、お松という十九歳の女性だ。彼女の半生は不遇で […]

続きを読む

読書感想文「ざわつく女心は上の空(こかじさら)」

これは、榎本さわこをキーにしたどこにでも存在しそうな6名の女性の心情が綴られており、読み終えると「何とかならないのだろうか?」と案じられてしまう小説である。 フードコーディネーターを目指しキャリアを積んできた美香子の心の […]

続きを読む

読書感想文「天使の屍(貫井徳郎)」

ストーリーとしては自分の学校で集団自殺があり、息子もその一人。警察は自殺と片付けたがその原因を父が解明しようと動くものである。作品はあくまでフィクションだが読んでいて最近の子供教育・子供達の行動を見ているといつか自分の周 […]

続きを読む