読書感想文「きことわ(朝吹真理子)」

体験した瞬間に出来事は過去になり体験によって生じた感情も同時に過去へと流されていくそれらは脳の片隅にありつつも多くは脳のダストボックスへと送られ再び浮かび上がることなく過去として廃棄されていく人間にとって自然な現象自然な在り様廃棄される多くの出来事や記憶は捨てられるだけの価値だけしかなく覚えておくだけの価値が薄い
 
いわば特筆すべき鮮烈な印象がないものの多くを私たち人間は自然に捨て去っているそれが普遍的なあり方だとこの本を読むまでは感じていたそれが決定的な印象で覆されたのはこの本を読んでからのことだったこの本はなにも起こらないなんの波も生じない事件もない人殺しもないどろどろとした人間関係もなければ膿のように残留した悪しき感情をぶつけ合うこともない

 
 
 
幼い日を過ごした二人の女性貴子と永遠子が25年ぶりに再会し旧交を温めるそれだけの本であるだがそのあまりの平常さそのあまりの日常さが目の前の光景を水で洗ったようにクリアにそれまでの心持をまるで一変させた貴子と永遠子が心内外的で語るあまりに平凡な過去の光景が世の中の全てには価値があるということをありありと教えてくれたような気がした
 
貴子と永遠子が作中で語る過去の出来事は平凡で興趣もなくおよそ誰でも経験しているような普遍的な記憶であるそれが作者の手で瑞々しく色彩鮮やかに書かれた私は自身の過去すらも生き生きと蘇ったように感じ自身の過去に実は宝物がたくさん隠されていた可能性を思った人生における強烈な記憶人生を変えた経験は数少ないこともあり今でも鮮明に回顧することができる
 
それらは排除されることなく脳に留まり現在の私にも可視の影響を与えているだがそうした印象深い記憶だけでなく廃棄された不必要な記憶にも価値があるのだとすれば私たちの人生というものは大変に愉快で自身が思っているより大層に価値のあるものだということになるのではないか本書を読んで私はそう感じさせられた体験未体験の全てが輝きをもって眼前に現れたような気がした
 
(20代男性)
 
 
[amazonjs asin=”4101251819″ locale=”JP” title=”きことわ (新潮文庫)”]
[sc name=”post-under-massage”]
 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする