読書感想文「野良女(宮木あや子)」

28歳から30歳の女性5人が主人公の連作短編集だまず目次を見て笑うと思う一つ目の短編の目次が尻の穴に座薬だからだ(笑)。それだけでインパクト大で引き込まれてしまったどの短編も基本的に仕事と恋愛に悩む女性の話でこの説明だとよくある感じを想像すると思うが全然違うのだ

 

仕事をしている描写はあるものの真面目に働いている雰囲気やキャリアアップを目指している雰囲気は全くない表現するならとりあえず仕事している感じ(笑)。恋愛の描写も生々しいと言うか気になる男性をいかに落としたかの肉食女子的なテクニックや付き合っている人といかに結婚へ持っていくかの打算など主人公の心が素直に書いてある

 

 

また著者である宮木あや子さんの作品に共通していて個人的にお気に入りの点は主人公の女性の口が悪いことである(笑)。友達同士の遠慮のないコミュニケーションとしても実際にこういう言い方をしていたらキレられるか疎遠にされるかだよなぁと思うほどだしかしそれさえも許されるくらい信頼して付き合っているのだとも感じられる。

 

ギリギリのラインで表現しているのがうまいなぁと思うあと実際に思っててもこれを言ったらマズいよねという言葉もスパッと迷いなく女性たちが話すので羨ましくある意味代わりに言ってもらって気分でストレス発散にもなってるこの本の中で爆笑したシーンが3本目の短編太陽にぽえむある

 

この短編に主人公壺井が母親に薦められた男性とデートを最後にホテルの部屋に行くだが段々ムードが出てきていざその相手の男性の発言が驚きタイトルのえむからなんとなく想像できると思うがその想像のはるか斜め上を行っている(笑)。多分当てられる人はいないと思う

 

その後この驚きを居酒屋で話している時に女友達がうまく返していてそこも楽しい全体的にぶっ飛んでいるのに女性の口調や仕事のシーンはなぜかリアルに感じられるそこが不思議だ必ず笑えるので凹んでいる時ややる気の出ない時に読んでいる。

 

(30代女性)

 

 

[amazonjs asin=”4334764894″ locale=”JP” title=”野良女 (光文社文庫)”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

コメントを残す

シェアする