読書感想文「贅沢貧乏のお洒落帖(森茉莉)」

舞姫などでも知られる日本の文豪森鴎外の長女である森茉莉の作品幼い頃から父親の鴎外から蝶よ花よと愛情を注がれた生粋のお嬢様育ちの森茉莉この作品ではそんな森茉莉の幼い頃から成人以降までのファッションに対する独特の価値観を森鴎外の娘らしい美しい日本語で綴られている
 
更に作中では森茉莉を溺愛する鴎外の様子も事細かに描かれておりこれまで抱いていた森鴎外のイメージとはまた異なる人物像を垣間見ることができる作中の一章幼い日のお洒落では特に鴎外の森茉莉に対する愛情振りが伺い知れる
 
もちろん金銭にゆとりのある家庭でなければできないことであるがまだ小学生の茉莉のために時々ドイツから見本を取り寄せては彼女のために上等の洋服と帽子を誂えてやるのだその幼い頃の洋服をまるで今も目の前にあるかのように事細かに説明されているところから森茉莉の父親への憧憬と当時から既に一人の女性としてファッションに対して高い関心を払っていたことが分かる

 
 
そんな作中で森茉莉という一人の女性作家の感性に最も触れることができるのは二章からの巴里のお洒落だろう父親の鴎外から勧められたというフランス文学の学者あった夫と共にフランスへ1年に渡って暮らした思い出は森茉莉の心をいつまでも捉えて離さない作中でもこんな一文がある私は時々ふと一年近く暮らした巴里を切なく胸に思い描く
 
パリの香水店百貨店珈琲店大人になっても少女のように無邪気で美しいものを何より愛した森茉莉にとってはパリという街はある種の心の故郷であったようにも感じられるパリで暮らした経験がある人もパリには一度も行ったことがないというこれは私であるがでも作品を通して彼女の見たパリの風景が目の前に浮かび上がってくるような錯覚に陥る
 
結局彼女は事情により夫とその後離婚晩年は生活にも困窮しパリで買ったお気に入りの香水やダイヤモンドなどの宝石も手放さなければならなかったそんなかつての贅沢三昧な日々からは一転してしまった彼女であるが時々昔のことを懐かしんでは自分のできる中でオシャレを楽しむ作中での様子に周りの流行に流されず自分のこだわりのファッションを磨く重要性に気づかされた
 
(20代男性)
 
 
[amazonjs asin=”4480434046″ locale=”JP” title=”贅沢貧乏のお洒落帖 (ちくま文庫)”]
[sc name=”post-under-massage”]
 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする