読書感想文「フォレスト・ガンプ(ウィンストン・グルーム)」

この本を読んでみて率直に思った感想は感動する本である。さらに生き方についてとても勉強になる本だ。理由を説明すると、フォレストガンプは産まれながらに脳に障害をもっていて、人より勉強ができないなどで友達にいじめられたりしていてとても悲しい幼少期がありました。

 

しかし、勉強は出来なくても彼には運動が出来るという強みがありました。彼は運動が出来ることを活かしアメフトなどで活躍するのですが、彼のひた向きに生きる力にとても感銘を受けたのである。

 

 

彼の性格的に嘘はつかない、真っ直ぐに生きるということで人間関係でも様々なトラブルが起こってしまうのですが、その様々なトラブルを彼は受け止めて次の人生へと向かってプラスにして生きてしまうのです。この生き方こそ私達現在の人にとってなくてはならいものである。

 

この本でフォレストガンプは色々な失敗を私に示してくれました。しかし失敗だけではなくどうすれば成功への道を歩めるのかを同時に教えてくれる本である。私が最もこの本で感動した場面は初恋の人のエピソードである。

 

色々な人生を送るフォレストガンプは様々なトラブルで付き合っていた彼女と別れたりを繰り返して行くのですが、彼は彼女しかいないという一途で真っ直ぐでずっといるという人柄に涙したのである。この本は子供から大人まで幅広い方に読んでほしいですし、あらすじも分かりやすく描いてあるので自然と物語に入り込める本である。

 

この本を読んで感じて欲しいことは自分の人生と照らし合わせることである。フォレストガンプが様々なトラブルに遭遇してもそれを受け止めて明るく生きていく術がどんなに大切なことなのかを感じて欲しいのである。

 

このフォレストガンプの著者ウィンストン・グルームが言いたかったことは、様々なトラブルを背負ってしまった時に人はどう生きたらよいか、またどう生きれば明るい未来が待っているのかを1番伝えたいことだと私は感じるのである。

 

(30代男性)

 

 

[amazonjs asin=”4062647680″ locale=”JP” title=”フォレスト・ガンプ (講談社文庫)”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

コメントを残す

シェアする