読書感想文「アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (フィリップ・K・ディック)」

これは、第三次世界大戦後の世界の話である。主人公のリック・デッカートは他の星から逃亡してきたアンドロイドを処理する仕事をしている男性で、この物語は、そのリックと火星から逃げてきた8体のアンドロイドの話である。
 
戦争の影響で地球は放射能灰に汚されており、まともに生きているのは人間ぐらいしかいない。かろうじて生き残っている動物を所有することが、この世界での地位の象徴になっている。物語が始まったとき、リックは動物を持ってらず、代わりに人工の電気羊を所有している。
 
この羊が電気で動くということは周りの人間には秘密にしており、まるで本物の羊を持っているかのようにふるまっている。しかし、それではリックは満足できなかった。どうしても本物の動物が欲しいのだ。しかし、本物の動物を買うにはかなりのお金が必要になる。

 
 
そんなとき、リックにとある話が持ちかけられる。火星からアンドロイドが8体、リックの住む地球に逃げ込んだというのだ。逃亡したアンドロイドには巨額の懸賞金がかけられ、仕留めればその懸賞金は自分のものになる。リックは本物の動物を買うお金を手に入れるため、アンドロイドを狩ることにしたのだ。
 
私たちが住む世界でも、いつこの物語のようなことが起こるかわからない。ある日世界規模の戦争が始まり、核が使用され、自然が滅んでしまうかもしれない。たった今、起こりうるかもしれない世界がこの物語の中に書かれており、読みながら「この世界はいつか未来の地球の姿かもしれない」と思ったその瞬間に、物語にぐいっと引き込まれる。
 
また、リックとアンドロイドと関わりも非常に興味深いものである。リックはアンドロイドと人間を区別するために様々な方法を取る。しかし、アンドロイドも成長しており、特にリックと対峙するアンドロイドたちはとても人間らしい。
 
間違って人間を処理してはいけないと慎重になるリックに対し、アンドロイドは人間以上に人間らしい一面を見せたりもする。次第にリックは人間とアンドロイドの区別がつけられなくなり、迷ってしまうのだ。
 
このリックと迷いは物語の後半をより興味深いものにしている。物語を読み進めていくうちに、迷いを抱きながらもアンドロイドと戦い、その迷いをさらに深めていくリックの姿から目が離せなくなったほどだ。
 
この物語を読み、私がもしこの物語の世界にいたら、彼のようにアンドロイドと対峙することができるだろうかと考えた。人間とは何か?アンドロイドとは何か?私は情に弱い人間なので、もしアンドロイドに人間らしさを思いっきりぶつけられたら、それを信じてしまうかもしれない。
 
(20代女性)
 
 
[amazonjs asin=”4150102295″ locale=”JP” title=”アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))”]

 

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


シェアする