読書感想文「農で起業する!―脱サラ農業のススメ(杉山経昌)」

この本を手に取った理由は、別にタイトルの様に農業で起業をするつもりだったからではない。その時丁度、育児と仕事のバランスについて色々と考えており、ライフワークバランスを自分の思い通りにしたいのならば、人に雇われる状態だと現実は厳しそうだと考え、個人事業主としてやっていけないだろうかと色々調べていた。

 

知人、友人で独立、起業した者もおらず、子供を預けてセミナー等に頻繁に出向く訳にもいかない為様々な知識や経験が整えて纏められており、自分のペースで読み進められる「本」に頼る事にした。この本を見つけたキッカケは、個人事業主としてやっていく為に読む事がネットで勧められていたからだ。

 

農業なのに、何故様々なジャンルの事業主にオススメなのかと半信半疑だった。中身を読みすすめていくと、農業についての事ではあるが、綿密なデータをとって分析し、それを元にいかにして無駄を省き、効率化をすすめていくかという大切さや、がむしゃらに働くだけでは無駄が多い上もっともっとと欲張ると、かえって仕事の時間が増える上にたいして収入は上がらない。

 

 

 

等々の事が実体験を元に書かれていて、なるほど確かに農業以外のジャンルでも言える事だなと思える事が多く参考になった。自由を求めて起業しても、働きすぎて時間が無くなるのでは自分の理想とかけ離れてしまう。

 

私は現在、長期間作業に費やしてやっと成果物が仕上がるという、ある種農業に似た事を行っている。一人でもがいてがむしゃらにとりあえず進もうとしていたのだが、この本を読んで、著者が分からない事があればすぐに専門家に教えを請い、おかしいと思う事があれば慣例も破っていく姿勢にとても感銘を受けた。

 

それに、何がどの様な人に好まれ、どういった客層を重視して物作りやアフターサービスを行えば良いかといった考え方は、とても参考になった。物を売るならどの様な業種であれ、必ずターゲットは絞るべきだと知っていたつもりだった。

 

しかし、自分はターゲットに合せて仕事を回したりはせず、ターゲットの好みそうな物を自分で勝手に想像して、ひとりよがりで決めつけて物を作っていただけであったなと痛感した。もっとデータを取り、頭を使って、計画的に物事を進め、かつ時には大胆にチャレンジしていく姿勢は是非見習っていきたいと思えた。

 

(30代女性)

 

 

[amazonjs asin=”4806713015″ locale=”JP” title=”農で起業する!―脱サラ農業のススメ”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

コメントを残す

シェアする