読書感想文「服を買うなら、捨てなさい(地曳いく子)」

ショッピングが趣味、という人はたくさんいるだろう。私もそうだ。お気に入りの店で今流行りの可愛い洋服や小物を試着しながら、あれもいいなこれもいいなとお買い物する時間は本当に楽しい。しかし、そうやって買ったたくさんの服たちのなかには、買うときには確かに「かわいい!」とときめいたはずなのに、なぜかあまり着なかったり、家に帰ってみると自分の持ち服と合わせづらかったりするものがいくつも出てくる。
 
私は長年、服とはそういうものだと思って諦めてきたが、最近年齢を重ねるごとに、せっかく買った服が上手く着られないことを悲しいと感じはじめていた。そんな時に、ふと、書店で並んでいたこの本を手に取りさっと立ち読みをしてみると、私が知りたかったことが、わかりやすく説得力をもってかかれていて驚き、すぐさま購入し家に帰ってじっくりと読んでみた。
 
「おしゃれな人はワンパターン」という項目を読んで目から鱗が落ちた。同じような服を買うのはもったいない、そう思い、なるべく持っていない色や形を選んで服のバリエーションを増やそうとしていが、実は似合うものを着こなしているほうが、数を持っているよりもずっとおしゃれなんだと知り、これには非常に納得した。

 
 
 
私は今以上デニムや青系の服が増えないように、本当は似合うし好きなのだが、あえて違う色味を入れて新鮮さを出そうと努力していたが、ワンパターンに問題がないと納得してからは好き色を気に入って買うことができるようになった。また、「買ってもいいのは今着るものだけ」という項目からも非常に影響を受けた。
 
人と同じようなものは嫌で、少し個性のあるデザインを選んでいたが、結局頻繁に着るのはベーシックなものが多い私。この本にあるように「明日、着るかどうか」を基準に服を選ぶと、確実に失敗しなくなった。
 
必要なのは特別な服ではなく、毎日安心して着られる服なんだと気づくことができ、この本を読んでからは、好きなデニムとシンプルなシャツといったコーディネートの日が多くなったが、以前よりも引き出しがすっきりと整頓され、今どんな服を持っていて、次はどんなものが欲しいのかわかるようになり、前よりもずっとショッピングが楽しくなったのは、この本のおかげだと言えるだろう。
 
(30代女性)
 
 
[amazonjs asin=”4800237394″ locale=”JP” title=”服を買うなら、捨てなさい”]
[sc:post-under-massage ]

この感想文にコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA


シェアする