読書感想文「禎子の千羽鶴(佐々木雅弘)」

私が初めてこの本を見たのは、本屋の戦争の本を集めたコーナーだった。長崎の原爆記念館は訪れた事はあったけど、広島の原爆ドームは訪れた事はなかった。本の表紙の少女の絵が、何故かすごく気になった。

 

今まで、あまり戦争について書かれた本は読んだ事がなかった。しかし、この本は最初から最後まで一気に読んでしまった。戦争、原爆という、今の平和な生活からは現実的に考えられない事を小学生の幼い少女が体験した。

 

戦争が続き、食べ物や洋服、学校生活など全てが不自由な中で家族仲良く、頑張っている。少女にとっては、辛い事が多くても平凡で楽しい毎日だったのではないかと思う。元気が良く、運動神経も良く、運動会ではリレーの選手としても活躍していた少女の様子が伝わってきて、その部分だけは読んでいて微笑ましく思えた。

 

そんな少女がたった一発の原子爆弾で、家族と健康な身体と、最後には命まで奪われるなんて。読んでいて、悲しみと共に、怒りを感じた。本や、TVの映像でしか、見た事はない私には、本当の戦争や原爆の怖さはわからないと思う。しかし、この本で、原爆が人間にもたらす影響は少しわかったと思っている。

 

 

 

原爆が落ちた場所から離れた所にいたはずの人間の身体をむしばみ、幼い少女から夢や希望を奪っていく怖さが、よくかかれていると思う。特に、入院中の少女の優しさや、強さが伝わってきた。自分の事よりも、家族への心配、貧しい生活の中での治療費の心配など、現代の平和な生活に慣れている小学生にはあまり考えつかない事を沢山考えていたのだとよくわかった。

 

また、当時は治る事がないと言われた白血病への強い気持ちもよく、表されていたと思う。どんどん弱くなっていく身体に、恐怖を感じながらも、千羽鶴を折り続けるというのはなかなか大人にもできない強さだと思う。出来上がっていく千羽鶴を見ながら、少しでも希望を持とうとする強さは、見習いたいと思えた。

 

戦争を忘れるな、2度と起こしてはいけないと言葉で言う事は簡単だと思う。しかし、この少女の命があったからこそ、今の平和な生活があるのだと強く言いたいと思った。

 

(40代女性)

 

[amazonjs asin=”4052038177″ locale=”JP” title=”禎子の千羽鶴 (戦争ノンフィクション)”]

[sc:post-under-massage ]

コメントを残す

シェアする