読書感想文「なんだかうまくいかないのは女性の発達障害かもしれません(星野仁彦)」

私自身がこうした発達障害の毛がある様に自分の事を推察しておりまして、この本に目がとまったのである。この本を読む事が出来て実に私の心が救われた気持ちである。

 

実にこの本は、現在社会を象徴する事がかかれてあり、こうした側面で悩んでいる女性は多分にいるであろうと思った次第だ。実に大人の女性にとっては、この発達障害という現実は見逃されがちな障害であろうと思う物である。

 

女性という生物上、一般的にも家庭に収まるイメージが先行する事で、発達障害という現実を表にさらけだしていける時間が少ないのも、大人の女性が発達障害だとしても、真実を発見する事が非常に困難でありながら、本人は実に生きていく事事態がとてもハードルの高い状況にあると言えるのだと、この本を読みながら改めて痛感した次第である。

 

発達障害という物は、見た目にはわかりにくいものだ。だが、本人にとってはかなり大変な現実を抱えているのも事実である。私の経験からも、この本と同様の事を感じる事があります。
9割以上の人が、私を見てまさか発達障害が潜んでいるなんて、想像もつかないと思われているのが、現実である。

 

 

きっと、世の中の女性にとっても私と同様自分としては、何かが自分に中に潜んでいる・・・そんな事を感じながら、日常生活を過ごさざる終えない女性って、現在の世の中少なくないのが現代社会が抱える問題の一つである。

 

この本とめぐり会う事が出来た事は、私と同様に状態にある女性ってきっとたくさんいっら者るのであろうと思う事で、こうした背景を抱えて奮闘せざるおえない女性をの現実を改めて考えさせられる思いがしたものである。

 

こうした発達で苦しむ方を理解していける社会の構築が急務であろうと思った事で、これからの自分の社会展望にも繋がった事は、この本を通して得る事が出来た財産である。一般的には理解されにくいだけに、人に理解を求める事は控えて自分が生きていきやすい環境の整備を行う事がまず先決だと自分も改めて思ったのである。

 

(40代女性)

 

[amazonjs asin=”4569825729″ locale=”JP” title=”なんだかうまくいかないのは女性の発達障害かもしれません”]

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

星野仁彦作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする