読書感想文「置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)」

突然の妊娠、そして結婚、出産を終えた私は寝不足と育児で精神的にも肉体的にも、ぼろぼろだった。仕事が大好きで殆ど仕事しかしていない毎日から、24時間、話の通じない赤ちゃんのお世話に変わった自分の生活スタイルにもついていけてなかった。

 

そんな中でも我が子にたっぷりの愛情を注ぎ、もっともっと頑張らなくちゃと自分を励ますんだが、心はどうしても元気にならなかった。赤ちゃんが寝てから、ネットで何か良い言葉はないか探した。昔から、落ち込んだりするとネットで「元気になる言葉」で検索してよい言葉を見つけて、自分を勇気づけていたからだ。

 

夜中にネットで見つけた。「置かれた場所で咲きなさい」という本の紹介文。一瞬で「あーこれだ」と思った。自宅近くの県立図書館に訪ねると本があった。母に頼み、借りてきてもらった。ページをめくるたびに、涙が増えていった。同時に、心の中のもやもやとした不安と哀しみの塊は小さくなっていった。「置かれた場所で、咲きなさい。

 

 

 

時には咲けないときもあるでしょう。そのときは、いつか咲けるように、根を下に下にはやしなさい」この文は、暗闇にいた私に光りを与えてくれた。こんなはずじゃなかった妊娠。こんなはずじゃなかった育児。こんなはずじゃなかった仕事。後悔ばかりしていた私は、もう自分の歩くべき道さえ見えなくなっていた。

 

この本と出会えてから「こんなはずじゃなかった」は、もう辞めた。辞めたというより思わなくなった。今、私がいる場所がベストなんだ。目の前の我が子と一緒にいれることが、幸せなんだ。その日を境に育児が楽しくなった。出産して初めて、楽しく育児日記を書けた。

 

仕事をして輝いて見えて羨ましくて仕方なくて、自分が惨めに見えてずっと避けていた、友達に初めて電話した。出産してから、ずっとイライラを主人にぶつけてたけど、初めて謝った。私は意味もなく、主人と我が子の前で泣きじゃくった。泣き止んだら何故かありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになっていた。

 

この本と出会えなければ、私はまだ暗闇の中にいたかもしれない。普段、自分の欲ばかり願っていた自分が変わった。

 

(30代女性)

 

 

 

 

置かれた場所で咲きなさい
渡辺 和子
幻冬舎
売り上げランキング: 1,024

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

渡辺和子作品の読書感想文はこちら

コメントを残す

シェアする