読書感想文「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(坪田信貴)」

子供を持つ多くの親達が、この本を手に取る理由はただ一つ、「この本を読んで真似すれば、わが子も慶應大学、いや東京大学も夢じゃないかもしれない」というものだ。目次を見て、まず合格のノウハウを探すのは真面目に勉強しているのだけれど今一つ成績に反映されない子供の親である。

 

母親対象の講演会で「知能の発達には絵本の読み聞かせが良い」と聞いたので、小さな頃から読み聞かせを続けてきた。英語教室も通った。本人は遅刻もせず学校に通い、高い月謝を払って塾も続けている。

 

それなのに、学校の先生や周囲からはいつもいつまでも、「大器晩成型」と親にとっては全く慰めにならないことを言われ続けている。「これまでの長い下積み生活があったのだから、この本のノウハウを実践すれば1年と言わず、今度の学年末試験で成果が現れるかもしれない」と期待する。

 

参考になる箇所は幾つかある。ただ、本と違うのはやはり人間だ。母というコントローラーによって生きてきた子供は、発見の喜びや選択の自由、それに伴う責任を知らない。依存することから逃れられない小鳥なのだ。

 

片や、普通のギャルが才媛の仲間入りをするためのノウハウを目次から探す親は、「うちの娘も良い大学に入れば、良縁に恵まれて、今の生活から家族ごと脱却できるかもしれない」という切実な思いだ。

 

ギャルとして成長してきて、見た目は悪くないから、あとはお金持ちで優秀な集団に入れれば良いと考える。私はと言えば、実はどちらの領域にも属する。巷に溢れる「何々のための30の方法」「あなたが何々になる10の方法」の類は殆ど通過した。

 

だが今はごく中流の、スーパーの折込チラシをチェックする人間だ。何故か。本の内容を参考にはしても、実践していないからだ。そして、性格。さやかちゃんとお母さんのような素直さが無い。

 

いつも疑心暗鬼で、「優しい言葉を囁くのはお金儲けが目的の人」という疑念が拭えず、大事な物を失うことが多い。当方に必要なのは、根本的に素直な心、純粋さだと教わった。

 

(40代女性)

 

 

この話は、偏差値30代から慶応大学に現役合格した女子高生の実話である。私は大学受験経験があるが、第一志望に受からなかったのは、自分を信じきれずどこかで高い目標だと諦めていたことだと思い知らされた。

 

彼女は無謀な目標であっても、受かると信じ目続け、坪田先生をはじめ、応援してくれている周囲のアドバイスを疑わずに聞き入れる「素直さ」にある。例えば日本史、漫画で流れを掴めといわれても大抵の人は漫画では直接、受験の為にならないと思い読む時間が無駄だと感じ受験用の参考書を読んでしまうだろう。

 

でも彼女は先生に言われるがままひたすら歴史の漫画を読み続けた結果、歴史流れを掴んだことが受験の際、大きな役に立った。とにかく一心不乱に昼夜問わず勉強に打ち込んだ1年半、自分の実力をしんじきった彼女の「素直さ」が意志の強さにも表れているようだ。

 

忍耐や根性のある人が昔より少なくなってきているといわれている時代に、ここまで本気で何かに夢中になることの大切さを教えてくれた。そして、そんなものに学生時代に出会えた彼女を羨ましくもある。

 

そして、この話のもうひとつの重要なところは、彼女を支えた周囲の人々である。無謀な挑戦の成功を彼女本人以上に信じきった筆者でもある坪田先生や彼女の母親は本当に素晴らしい人である。

 

偏差値30台の子がとんでもない目標を言っても驚きもせず背中を押した先生、誰かに非難されたとしても娘の言動や行動を応援し続けた母親、どんな時でも見捨てず一緒に悩み乗り越えたこの二人の支えがなければ、彼女はもしかしたら挫折していたかもしれない。

 

そして、失敗しても良いから最後まで応援してあげたいと思わせる程の頑張りが出来るのも彼女の魅力のひとつでもある。この話は、自分自身やお互いを心底信じ合うなければ成し遂げることの出来なかった結果だと思う。

 

そして、この話は、何事も諦めない大切さはもちろん、自分や人を信じあうこと勇気や素晴らしさにも気付かされた話であった。

 

(30代女性)

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 

 

 

2 件のコメント

  1. JUMP#八乙女光LOVE より:

    うち今、JC1年で
    数学偏差値 29 理科偏差値 34
    社会偏差値 34 国語偏差値 54
    英語偏差値 62
    やけど慶応大行けるかな?
    まあ、そんなマジメなやつばっかのとこ
    絶対行きたくないけどな!!!

  2. 八乙女光LOVE より:

    うちのパパも読んでた!!!うちもちょっと読んだけど(JS6年時代に)けっこう面白だったで!!!

コメントを残す

シェアする