感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「いのちのために、いのちをかけよ(吉村正)」

この本は、私第一子を出産する前に読んだ本だ。その頃、自分の母も数年そに失い、新婚で、せんだ主人との付き合いもそなに長くはなく、初めての出産で不安も多い時期だった。   妊娠初期は、私の姉妹や父親などの助けもあっ […]

続きを読む

読書感想文「細雪(谷崎潤一郎)」

四姉妹それぞれの人生観や性格、行動が見事にバラバラで、それでいてお互いを理解して時に助け合い時に心配のあまり相手の行動を制限してしまう様子が、自分の姉との関係のようでいて印象的だった。   近所から美人と評判の […]

続きを読む

読書感想文「予知夢(東野圭吾)」

天才物理学者と熱血で単純だけど頭のきれる刑事のコンビが読んでいて楽しかった。短編が五作あるが、その全てが予想出来なかった。私はもともと物理が苦手だったのだが、内容が恋の話だったり興味をもてるものばかりだったので勉強になっ […]

続きを読む

読書感想文「約束(石田衣良)」

かけがえのないものを失くしても、いつか人生に帰るときがくる。もう一度、生きよう。主人公の土井汗多は、小学四年生。学校では目立つタイプではないが、心優しい男の子。親友の在原葉治はクラスの人気者。幼なじみの二人は互いをなくて […]

続きを読む

読書感想文「思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國香織[…]

私はこの本を何回も読み返した。学生の時に出会って通学の時間に読み、社会に出てからは休みの日に読み、つい最近結婚してからまた読んだ。そして感じたことは、自分の置かれている状況によって共感するキャラクターがここまで変わるのか […]

続きを読む

読書感想文「スナーク狩り(宮部みゆき)」

スナークとは、ルイス・キャロルが執筆したナンセンス詩に出てくる、伝説の生き物である。その詩の中には様々な職業の人物が出てきて、ともに、スナーク狩りに出るのだ。スナークとは何か、ルイス・キャロル自身もよく分からないと言って […]

続きを読む

読書感想文「三陸の海(津村節子)」

誰にでも「第二の故郷」といえる地があるだろう。また、現在ある自分の原点となった土地があるにちがいない。岩手県にある田野畑村は、著者である津村節子とその夫、吉村昭にとって、第二の故郷であったといえるだろう。   […]

続きを読む

読書感想文「本日は、お日柄もよく(原田マハ)」

最初に本の表紙と題名を見て、素敵だなあ、綺麗な言葉だなあと思って図書館で手に取ったのがこの本を読むきっかけである。物語は主人公である、こと葉が幼馴染の結婚式でのスピーチで失態をおかしてしまうことから始まる。原因としてその […]

続きを読む

読書感想文「仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン)」

いくつかの自己啓発本を読んでいた頃に出会った本。悪天候により止むなく空港で足止めをくらった主人公はそこで人生を変える出会いをする。一般的な自己啓発本とは若干異なる滑り出しとストーリー展開だが、ページの端々に散りばめられた […]

続きを読む

読書感想文「ボックス!(百田尚樹)」

純粋に誰かのために頑張れる、という貴重な経験は青春時代特有のものなのだろうか。自分のためにではなく、誰かのために、というのは、大人には出来ないことかもしれない。この本の主人公の一人、鏑矢は、才能があるがゆえにあぐらをかい […]

続きを読む

読書感想文「なつのひかり(江國香織)」

それは私の居場所であり、自分自身であった。産まれてからいままで言葉にしてどう表現すればいいのか分からずにいた感情たちがまるで、いのちを持った生き物のように感じたのだ。この本に出会った19歳の日、それからまるで日記を記すよ […]

続きを読む

読書感想文「手紙(東野圭吾)」

初めて読んだ東野圭吾さんの作品が手紙だった。ちょうど主人公と同い年くらいの時に読んだからか、感情移入してしまい、私にしては珍しく涙した。その後映画化されたが、本で読んだものとの間に違和感がなかった。   これも […]

続きを読む

読書感想文「秘密(東野圭吾)」

妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落してしまう。そして妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。男にとったらものすごく酷い仕打ちのように思う。   その日か […]

続きを読む

読書感想文「ポニーテール(重松清)」

再婚でできた姉とおそろいのポニーテールにどうしてもしたくて、癖っ毛ながらも頑張って伸ばして目指した髪型がタイトルになっているのだが、このタイトルに筆者と主人公の少女の想いのすべてが残っている様な気がした。   […]

続きを読む

読書感想文「ブルーベリー(重松清)」

若いときの自分のことって覚えているようで覚えていないものなのだな、と感じた。未熟でうまくできていなかったこと、若気の至りとかそんな言葉でうまく記憶に閉じ込めてしまっていたこと。若いうちに失敗を重ねた方が役に立つ、それを思 […]

続きを読む

読書感想文「痴人の愛(谷崎潤一郎)」

私が大学生の頃、どんなストーリーかもわからず谷崎潤一郎とタイトルがなんとなくきなって読んだ一冊である。大学生だった私は恋愛に真っ最中のころであった。でも、その頃の私は、同じ年の男の子と一般的なお付き合いをしたことしかなか […]

続きを読む

読書感想文「ビタミンF(重松清)」

心が癒される、その一言につきる本だ。とりとめのない日常、どこにでもあるごくありふれた家庭、すこしばかり問題を抱えているが、決して珍しくはない家庭の父親が描かれているだけの短編小説の集まりなのに、なぜこんなに癒されるのか。 […]

続きを読む

読書感想文「紙の月(角田光代)」

暮らしていく上で、お金は欠かせないものだ。商品を買ったり貯蓄したりと、私はお金を生きていく手段として使用する。ところが、お金の使い方を間違えると、お金によって翻弄され、ついには自らの人生まで狂わされることがあるのだ。 & […]

続きを読む

読書感想文「トワイライト(重松清)」

「幸せですか?」そう聞かれて「はい、幸せです。」と答える人がどのくらいいるだろう?とくに中年期の男女にとっては、苦笑いしてしまうような質問だろう。たとえ、結婚して子宝に恵まれて、仕事も上手くいって金銭的に不自由ない…優雅 […]

続きを読む

読書感想文「夏と花火と私の死体(乙一)」

この作品を読んで、一言で感想を言うと衝撃の一言であった。本の表紙の可愛らしいイラストからは想像もつかない展開に、ページをめくる手が文章を追いかけていく眼球が止らなかった。主人公と思われる少女が冒頭であっけなく、本当にあっ […]

続きを読む