感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「安楽病棟(帚木蓬生)」

老いることは避けられないことだ。そして、超高齢化社会と言われる現在、介護は重要な問題だ。しかし、忘れてはいけないことは、認知症の患者であれ、生まれてからその人なりの個人史があることなのだ。この作品を読んで、最初に感じたの […]

続きを読む

読書感想文「三匹のおっさん(有川浩)」

タイトルに惹かれ、この本を読み始めた。軽い気持ちで読み始めたがすぐにどこか、ただ物語を楽しんでいるだけではない自分に気が付いた。第一話にて定年退職した主人公キヨに、私は父を重ねてしまっていたのだ。定年退職した夜、キヨの複 […]

続きを読む

読書感想文「不夜城(馳星周)」

映画になっていたので、どんなものかなと気になって手にした。読むうちにどんどんのめり込んで、読み終わってからすぐに続編を探しに行って、完結編まであっという間に読み終えてしまった。   あまり馴染みのない新宿歌舞伎 […]

続きを読む

読書感想文「草枕(夏目漱石)」

理不尽だと感じたり、割り切れない思いをすると、決まってこの本の冒頭部分を思い出す。人生には理不尽なことがつきまとう。その時に、自分にどう言い聞かせ、どう納得するのか。あるいは、どうやってあきらめるのか。それについて、私は […]

続きを読む

読書感想文「タナトノート―死後の世界への航行(ベルナー[…]

高校一年生の時、祖父が亡くなった。私が初めて目の当たりにした「死」であった。その衝撃はとても大きく、冷たくなった祖父の身体に触れた時は、悲しみと、自分もいつかは死ぬという恐怖と不安を強く感じた。死とは何なのか。死んだ先に […]

続きを読む

読書感想文「闇の守り人(上橋菜穂子)」

「闇の守り人」は、私が小学生の頃に母と友達に勧められて出会ったシリーズの本で、今でも心に残っている大好きな本だ。前作の「精霊の守り人」は、主人公たちが冒険をする旅の物語。   私はその話も好きだが、私は主人公で […]

続きを読む

読書感想文「ショコラ(ジョアン・ハリス)」

ショコラとは、フランス語でチョコレートという意味だというのは世間にあまねく知られていると思う。私がこの本を選んだのも題名が好物のチョコレートだという事と、題名が女性に好まれる内容を予想させたからだ。本を読み始めてすぐ、物 […]

続きを読む

読書感想文「少女七竈と七人の可愛そうな大人(桜庭一樹)[…]

桂多岐は愛の大きな人である。「やってられない毎日だ」彼女の言葉である。働くわたしと、てこでも働かぬばかな夫と、七歳から十七歳までの六人のこどもたちから成る戦場からもう十七年も帰還できていないと日々を振り返って何度も繰り返 […]

続きを読む

読書感想文「幸福な食卓(瀬尾まいこ)」

この『幸福な食卓』というタイトルに惹かれ、晴れやかな気分になると思い読み始めたのだが、少し読んで晴れやかな気分になるような本ではなかった。しかし、家族であって家族でなく、最初は違和感を覚えた家族構成も読み進めるとなぜそう […]

続きを読む

読書感想文「風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル)[…]

当時、大学生だった私は友達に進められて何気なく読んだ1冊だった。「風と共に去りぬ」は、主人公スカーレットがアメリカの南部裕福な屋敷で気位の高い女性として育つた。スカーレットは、南部の古い良き時代を生きてきたアシュレイに恋 […]

続きを読む

読書感想文「陽だまりの彼女(越谷オサム)」

私が陽だまりの彼女を読み、印象的だと感じた部分はヒロインの渡来真緒が実は猫だったということである。主人公の奥田浩介は中学生の頃、渡来真緒と出会い、クラスからいじめられていた真緒を助けたことによって2人は距離が縮まることに […]

続きを読む

読書感想文「生き方は山が教えてくれました(原伸介)」

「山に生きる」とはどういうことだろうか。最初はタイトルに惹かれた。ただそれだけのことなのに、私の見方や価値観を大きく変えることになる。私の見方を変えてくれたのは山の神様の言葉だった。「いいんだよ。来たいときにおいで」筆者 […]

続きを読む

読書感想文「白い犬とワルツを(テリー・ケイ)」

「きょう妻が死んだ。結婚生活57年、幸せだった。」この一文から、この主人公サムの人生とはどんなものだったろうと気になった。幸せだったって言いきれるってどんなものなのか。どんな素晴らしい人生なのかと思ったが、私の想像してい […]

続きを読む

読書感想文「おばあさんのひこうき(佐藤さとる)」

この本は私が小学生の二年生か三年生かは忘れたが夏休みの読書感想文の宿題の為に学校の図書室で借りた本だ。当時どう感じたかは明確に覚えてはいない。だが、翌年の夏休みの読書感想文の宿題の為に借りる本を探していた時に背表紙を見付 […]

続きを読む

読書感想文「容疑者Xの献身(東野圭吾)」

衝撃の結末だった。私が推理小説というジャンルに興味を持つきっかけとなった作品である。もともと、本を読むことは好きな方であったが、読むのは専ら偉人の自叙伝や自己啓発本の類であり、小説のジャンルにはあまり手を出さなかった。 […]

続きを読む

読書感想文「キッチン(吉本ばなな)」

あの時はまったく知らなかった感情をいま、こんなにも抱えているんだ。吉本ばなな「キッチン」を初めて読んだのは中学生の時だった。母が買ってきてそれを借りて読んだのを覚えている。母は読みながらひどく泣き、心の奥まで痛いとそのと […]

続きを読む

読書感想文「海(小川洋子)」

表題作「海」では冷静さを保ちながら優しくいられるということがどういう空間であるかということを感じることができた。なぜ受け入れられるかをわざわざ考える必要もなく、自然に受け入れることとはなんと美しいことだろう。 &nbsp […]

続きを読む

読書感想文「流星ワゴン(重松清)」

この本は人生に自暴自棄になっていた主人公が、交通事故で亡くなった父子に遭遇し、ひょんなことからワゴン車で共に旅をしていく中でこれまでの人生を考え直していく物語である。私も常々、人生をやり直せたら、あの時違う選択をしていた […]

続きを読む

読書感想文「むかし僕が死んだ家(東野圭吾)」

この本を買ったのは、タイトルが目に刺さったからである。「むかし僕が死んだ」とはどういうことだろうと興味を持って手に取った。主人公の男性の、どこか突き放したような、あきらめたような乾いた視線で物語は始まる。私はこの、東野圭 […]

続きを読む

読書感想文「ステップファザー・ステップ(宮部みゆき)」

「僕たち二人くらい、面倒みられない?」突然13歳の双子の男の子にそう言われたらどうするだろう?あり得ない展開ではある。だって双子の両親がそれぞれの相手と同時に駆け落ちして双子だけが残されるなんてあり得ないだろう。 &nb […]

続きを読む