感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「マスカレード・ホテル(東野圭吾)」

仕事が行き詰まって、しかも風邪を引いてしまった最悪の時期に『マスカレード・ホテル』を読んだ。普段から仕事柄、小説はたくさん読んでいるが、主にいわゆる純文学や外国翻訳物だ。気分転換にたまにはハラハラする日本の推理小説でも読 […]

続きを読む

読書感想文「君の膵臓をたべたい(住野よる)」

「君の膵臓をたべたい」一発目のインパクトにやられた。なんの本なんだろう。カニバリズム的な類なのか。それにしては桜色の淡い色調の表紙につかず離れずの高校生の男女がふんわりと描かれている。完全なるジャケ買いだった。 &nbs […]

続きを読む

読書感想文「命の器(宮本輝)」

まずタイトルの「命の器」に惹かれ気がつくと手にとっていた。私が18か19歳の大学受験で恐ろしいぐらいの孤独の中にいた時期だ。友達もいない、家族も信用できないと人と話をして笑う事をすっかり忘れていた頃、出会ったのが、この「 […]

続きを読む

読書感想文「片想い(東野圭吾)」

この本に出会い、私は男女は何を基準に分けられているのだろうかと考えさせられた。この本では性同一性障害を持つ人の様々な苦悩や葛藤が描かれている。カミングアウトができた人はある程度の壁を乗り越えている。しかし、誰にも相談でき […]

続きを読む

読書感想文「田園交響楽(ジッド)」

これは、20世紀のフランスを代表する三大作家の一人アンドレ・ジッドの作品だ。戒律の厳しいプロテスタントの牧師父子と盲目の少女との三角関係の思いが、牧師の一人称の形で描かれている。養女として育てている少女が美しく成長してい […]

続きを読む

読書感想文「火車(宮部みゆき)」

お金というものは、これほどまでに人の人生を狂わせてしまうものなのか、と、心にずっしりきた本だ。婚約者との結婚を前に、1人の女が姿を消した。婚約者だった若者が、彼女の行方を探し出し、事情を聞いて欲しいと親戚筋の主人公を訪ね […]

続きを読む

読書感想文「あなたへ(河崎愛美)」

この本を知ったのは高校生の頃である。本の帯に自分と同世代の著者だということを知り、興味本位で読み進めた。中学生の淡く切ない恋愛模様が、初々しく瑞々しい文体で書かれており、内容がすんなり入り、とても読みやすかった。とても素 […]

続きを読む

読書感想文「毒になる親 一生苦しむ子供(スーザン・フォ[…]

毒親という言葉を最近よく聞くようになった。それによって、実は自分の親が毒親であったと初めて気づく人もいるのではないか、私もその一人だ。子供というのは、自分の育ってきた環境以外のことは経験していない。例え自分が親からひとい […]

続きを読む

読書感想文「ナモナキラクエン(小路幸也)」

この作品には、最初から驚かされてばかりで、私のイメージする『楽園』とは全く違う事に気付き、わくわくしながら読んだ。小路幸也の作品には、『東京バンドワゴン』のように、大家族や信頼できる仲間がたくさん出てくる。その人達が巻き […]

続きを読む

読書感想文「失われた時を求めて(マルセル・プルースト)[…]

世界中の多くの小説家に影響を与えた作品だ。プルースト本人は小説とされるのが不服だったと言われている。私はこの本を読んで、暫く他の文芸作品が全く読めなくなるほどの衝撃を受けた。30年近く何度も読み返し、他の方の翻訳本や研究 […]

続きを読む

読書感想文「三匹のおっさん ふたたび(有川浩)」

前作を読んで気に入り、続編である今作も期待しながら読み始めた。前作同様、魅力的な登場人物の活躍に加え、主人公のおっさん達三人の周辺の人びとを丁寧に描く事で、おっさん達とその周りの人びととの「人とのつながり」を意識させられ […]

続きを読む

読書感想文「自閉症の僕が飛び跳ねる理由(東田直樹)」

自閉症や障害にえらい人々のマニュアルは今まで嫌という程溢れていたと思うが、どれだけ研究の上に悩む本人に寄り添う術を提示されても、この本にかなうものはまずありえないというところから、この本を読み返し始めている。 &nbsp […]

続きを読む

読書感想文「介護民俗学へようこそ 「すまいるほーむ」の[…]

認知症を患っている人であっても、子ども時代があり、はつらつと子育てや仕事をしていた時代があったのだという、当たり前なのだが大切なことに気づかされた。そして、個人の歴史はそのまま生きてきた時代の歴史でもある。そのことに気づ […]

続きを読む

読書感想文「ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)」

自分の行動が思わぬところで人に影響を与えているかもしれない。この本を読み終えた時の、最初の感想だ。この作品の舞台は、廃業した、今は誰も住んでいない雑貨店である。そこに忍び込んだ3人の少年が不思議な体験をするファンタジーで […]

続きを読む

読書感想文「秋風記(太宰治)」

私はたまに、何かがうまくいかなくなると、何もかも全て嫌になってしまい、全てを投げ出してどこかへ逃げてしまいたくなる。この作品はそんな気持ちによく似ている。作家の主人公と、二つ年上の女性「K」。二人は幼い頃から家族同然で、 […]

続きを読む

読書感想文「ロスジェネの逆襲(池井戸潤)」

半沢直樹シリーズ「ロスジェネの逆襲」はドラマの続きが気になって読むことにした。寝ようにも続きが気になってなかなか眠れず、夜更かしして読むことに。ドラマでのイメージがあるので、読んでいて物語にはいりやすく、夢中になってしま […]

続きを読む