感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「泳ぐのに、安全でも適切でもありません(江國[…]

私たちの人生は、生きていくのに安全でもなければ、適切でもない。それでも、もちろん生きていく。それぞれ、オリジナルなやり方で。そんな単純で当たり前なことを、思い出させてくれる短編集。冒頭から、ぐっと胸を掴まれるような丁寧な […]

続きを読む

読書感想文「ヤモリ、カエル、シジミチョウ(江國香織)」

弟、たくとは始め何か問題がある子供のように描かれている。たくみは、家族以外の人を認識していない、いくみの事でさえ、あんなに可愛がってくれているのに「一緒なら外に出れる人」くらいに思っている。そしてちっとも喋らない。 &n […]

続きを読む

読書感想文「ホリー・ガーデン(江國香織)」

女性同士で、高校の頃までの親友が30歳近くになってもまだ付き合いを継続させている、というのは案外稀なことなのではないかと思う。結婚して家庭を持ち、出産を経ると、育児などが忙しくなってどうしても疎遠になってしまうからだ。 […]

続きを読む

読書感想文「ウエハースの椅子(江國香織)」

生きていくことは、孤独とどのように折り合いを付けていくかではないかと思うことがある。人と触れ合ったり、近くなったりする喜びを感じた後で知る、何とも言えない違和感。砂のような小さな異物が徐々につかえになる。気づかぬうちに。 […]

続きを読む

読書感想文「神様のボート(江國香織)」

神様のボートは、信じ切る人が救われた物語である。主人公・葉子が信じたものは、“いるかいないかもわからないかつての恋人”。「骨ごと溶けるような恋」をした相手に突然別れを告げられ、「かならず戻ってくる」と言われた言葉だけを信 […]

続きを読む

読書感想文「つめたいよるに(江國香織)」

「デューク」が死んだとき、私の愛犬も死んでしまったのかと思った。このつめたいよるにという本は、21の短編からなる小説だ。その幕開けとなる物語が「デューク」という、愛犬を亡くした女性の物語だった。   出だしから […]

続きを読む

読書感想文「きらきらひかる(江國香織)」

読み始めると、なんとなく気だるい雰囲気がした。アル中の妻にホモの夫、脛に傷持つ者同士である。お互いに恋人がいる。なぜ結婚したのだろう?読み始めてすぐに興味を持った。生きるため?それぞれの家族のため?お互いに人には言えない […]

続きを読む

読書感想文「冷静と情熱のあいだ―Rosso(江國香織)[…]

この作品を知ったきっかけは、ダ・ヴィンチという小説雑誌だった。二人の作家の合作というキャッチコピーに惹かれ、本屋にいった。最初ハードカバーで発売されている二冊の表紙を見たときに、なんて素晴らしいセンスなんだ、とため息をつ […]

続きを読む

読書感想文「思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國香織[…]

私はこの本を何回も読み返した。学生の時に出会って通学の時間に読み、社会に出てからは休みの日に読み、つい最近結婚してからまた読んだ。そして感じたことは、自分の置かれている状況によって共感するキャラクターがここまで変わるのか […]

続きを読む

読書感想文「なつのひかり(江國香織)」

それは私の居場所であり、自分自身であった。産まれてからいままで言葉にしてどう表現すればいいのか分からずにいた感情たちがまるで、いのちを持った生き物のように感じたのだ。この本に出会った19歳の日、それからまるで日記を記すよ […]

続きを読む