感想文を読んで、感じたことを共有しよう。みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想文を読んで、感じたことを共有しよう。
みんなが書いた読書感想文を多数掲載しています!

感想ライブラリー

読書感想文「悪魔(芥川龍之介)」

この小説は10ページ足らずの短編であるが、かなり多くの事を考えさせられる内容になっている。この小説は10ページ足らずの短編であるが、かなり多くの事を考えさせられる内容になっている。   あらすじとしては語り口調 […]

続きを読む

読書感想文「地獄変・偸盗(芥川龍之介)」

私はこの本を読み終わった時に、芸術至上主義を極めた芸術家の悲しみが、私の心に突き刺さった。愛する娘が死ぬことさえも、自分の芸術の集大成を描くために、その事実を受け入れた。   また、自分が今までにない地獄の様子 […]

続きを読む

読書感想文「杜子春(芥川龍之介)」

お金があればあんなことが出来る、贅沢な暮らしが出来る、行きたい所へ迷わずに行ける。色んな人にも会いに行ける。使い道次第では人助けたって可能になる。だから私は元々お金が大好きな事は悪いことでは無いと思うし、世の中の金持ちを […]

続きを読む

読書感想文「鼻(芥川龍之介)」

なんて禅智内供は天邪鬼なんだろうと、私はまず思った。長年、気を病んで苦しんでいた長い鼻を、やっとの苦労の末短くすることに成功する。しかし、だんだん昔の不格好な長い鼻がよくなり、短い鼻をうとましく思い始め、ついに元の鼻に戻 […]

続きを読む

読書感想文「奉教人の死(芥川龍之介)」

奉教人の死は「聖人伝」の「聖マリナ」が典拠と言われている。作者がどこを変え、何を訴えたかったのか知りたかったので、「聖マリナ」も一緒に読んでみた。マリンという名前をろおれんぞに変えていること、しめおんという人物を創作した […]

続きを読む

読書感想文「河童・或阿呆の一生(芥川龍之介)」

この作品は芥川龍之介氏がパラレルワールドを表現している奇しくも、滑稽なSF小説である。まず、羅生門や地獄変の氏の作品のイメージとは一線を画した作品である。主人公はおそらく人生という道に迷った男、しかしながら彼の体験した世 […]

続きを読む

読書感想文「羅生門(芥川龍之介)」

芥川龍之介の作品「羅生門」は人の豹変というものを初めて考えた作品だった。この作品に出てくるキャラクターは一人は職をなくした下人、もう一人は老婆であるが、私はこの羅生門の中に出てくる下人の豹変ぶりは誰でも起きることなのでは […]

続きを読む

読書感想文「蜘蛛の糸(芥川龍之介)」

この作品は子供のころから何度か読んだが中学生の夏休みに課題図書で読んだ思い出が一番はっきりと覚えている。お釈迦様が悪いことばかりしてきていた主人公犍陀多に生前蜘蛛を助けたという理由で一度だけチャンスをあげたことがすごく印 […]

続きを読む