感想ライブラリー

読書感想文「タスキメシ 箱根(額賀澪)」

春馬と早馬兄弟の高校大学時代が描かれたタスキメシの続編で、楽しみにしていた作品。これは2020年の箱根駅伝の物語で、フィクションなのはわかっているのに、どこかでこんなドラマが起こっているに違いないと思わせる熱さがあった。 […]

続きを読む

読書感想文「絵のない絵本(ハンス・クリスチャン・アンデ[…]

アンデルセンという作家が書いた本で、月が絵描きに語る形式で物語が紡がれていく作品である。私は、純文学でも大衆文学でも、気に入った作品があれば、分け隔てることなく読む方である。但し、児童文学の類は、読む機会に恵まれず、読ん […]

続きを読む

読書感想文「余命10年(小坂流加)」

もともと私がこの「余命10年」を手に取るきっかけとなったのが、著者自身が作中の主人公と同じ「助からない病」に侵されていたことを知り、衝撃を受けたからである。一読してみて、ストーリー展開はよくある病弱な主人公と男性の恋愛も […]

続きを読む

読書感想文「なかなか暮れない夏の夕暮れ(江國香織)」

満ち足りて豊かな気持ちになった。それは、様々な登場人物達の人生の一部を一度に楽しめたせいかもしれないし、主人公がとてつもないお金持ちだったせいかもしれない。「金持ち喧嘩せず」という言葉が思い浮かんだ。生活にゆとりがあって […]

続きを読む