感想ライブラリー

読書感想文「グロテスク(桐野夏生)」

やはり桐野作品。容赦なく抉りに抉って、という展開に 読み終わって一言で言って 疲れました。「わたし」、和恵、ミツル、ユリコそしてチャンとそれぞれに語られるが、互いに整合性のない箇所が多々出てくる。誰がウソを言っているのか […]

続きを読む